~フィリピンで生活しながらビジネス~

プロフィール

 
  2019/05/17

 

このブログをご覧いただきありがとうございます。
管理人の村田と申します。


レチョン(豚の丸焼)とツーショット。~これが本流!フィリピンのレチョン・バブイ(豚の丸焼き)の食べ方~より

 

日本にいたころはM菱のカーディーラーで整備士として5年、その後営業(セールスマン)として約14年やってました。

2016年の夏に19年続いたサラリーマンを退職。

 

で、翌2017年6月よりフィリピンで生活しています。

なぜフィリピンか?といいますと2014年に結婚した奥様がフィリピン人だからです。


これより移住。成田にて。

 

なぜ移住したか?

 

結婚して数か月たったある日の事。

奥様 『定年したらフィリピンで生活したい』

 

という日常のとりとめのない話のなかに出てきた奥様のひとこと。

別に聞き流しても良いような話の流れ。

 

(。´・ω・)ん? それって移住?ってヤツ?

『じゃあ今からの方がいいんじゃない?』

 

奥様 『いや…、定年してからでいいんだけど…。』

 

奥様の主張を押し切って41歳で移住。

 

もちろん蓄えだけじゃ生活出来ないし、年金も大した額じゃない。

なのでフィリピンで細々と商売をやっています。(ほとんど奥様が仕切っています。)

 

移住を決断した時のホンネ

 

軽いノリで移住を決めたわけではなく(?)決めるに至った理由はちゃんとあるのです。

 

①奥様の今後を考えた

私の奥様は結婚前、横浜の関内に住んでいました。そこはフィリピン人の在住者が多く住む町。

結婚当初も私が地元を離れ、関内で一緒に生活をしていました。奥様は近所にたくさんの仲間(同胞)がいるから安心。

 

しかし当時の私はディーラーの営業マン。

繁華街の関内で車を維持しながらの生活は経済的に負担がありました。

また、客先へ向かうにも便が悪く、仕事の負担も大きくなっていました。

 

「奥様を連れて地元に引っ越すか…」そんな考えが頭をよぎりました。

しかしそれは同時にフィリピン人の友人を遠ざけてしまうことになります。

 

奥様は生活に困らないレベルの日本語は習得していますが、レベルが高いとは言えません。

はたしてフィリピン人がほとんどいない私の地元で分かり合える友達ができるだろうか…?

 


ミンダナオ島に向かうフェリー。~ブラカンからダバオへ!陸路でフィリピン縦断旅行!その⑤~より

 

②商売(自営業)をやってみたかった

「サラリーマンも悪くはないが、一生サラリーマンではつまらんなぁ」

10年以上サラリーマンをやりつつ思っていたコト。

 

自営業をやってみたい。チャンスに出会った時の為に貯金もしていました。

しかしながら景気の悪い日本で『これだ!』と思えるチャンスもなくサラリーマンを続けていたのでした…。

 

③今のフィリピンの経済

今の奥様と付き合ってから何度か行ったフィリピンで見たモノ。

それは別世界でした。

 

何がって?『景気』です。

 

普通、海外旅行でこんな感想のヤツはいないかもしれません(笑)

でもすごかったんです。景気が。

 

フィリピンはまだまだ「モノ」が少ない国。

「モノ」を売り出せば飛ぶように売れます。

 

べつに特別な営業努力をしなくてもいい。

ただ汚い所に汚い商品を並べてるだけでも売れるんです。

とにかく需要がハンパない。

 


バイクツーリング時のいでたち(笑)~フィリピンのツーリング心得!初めてマニラをバイクで小旅行してみた~より

 

そして人が動く。食べる。

ネットで調べて分かったのですが、なんとフィリピンの平均寿命は日本より20歳以上若い!

 

日本は消費活動をしないご年配が個人の預貯金の大部分を占めています。

だから、おカネはあるけどおカネが動かない。

 

対するフィリピンは貧乏そうな人ばっかりなのに、何だかみんなおカネ使ってる!!

フィリピンは平均が24歳。さらにもともと国民性として貯金をしません。

つまり、稼いだお金をほぼ全部消費してる(使っている)ワケです。

 

フィリピン人は食べるの大好き。移動中でだろうがなんだろうがいつでも食べてます。

若いから年中お出かけします。移動すればクルマだろうが公共交通機関だろうが消費活動。+外食。

(ちなみにフィリピン人は歩くのキライです。暑いから)

 

この若者が多いことによる『人口ボーナス』と呼ばれる経済成長(好景気)状態はあと20年以上続くんだとか。

 

『これだ!』というより『ここだ!』

的なひらめきを感じました。

ここなら商売下手でもボチボチ商売できそうだ(笑)

 

以上が奥様との会話で『移住』が浮かんだ時の即答の理由でした。


相棒のトライシケル。~元プロの整備士がトライシケルの運転と構造を解説!サイドカー体験記~より

 

このブログの目的~あなたに伝えたいコトとその理由~

 

このプロフィールは度々更新しています。

執筆現在は奥様から経済的に独立することが目標。

テニスとビールに明け暮れつつ(笑)奥様のアシスタントとして仕事をしています。


お城みたいだけど教会です。セブにて。繁盛祈願にセブ島へ!!フィリピンのパワースポット『シマラ教会』より

 

ワンマン社長の奥様に振り回される毎日。

忙しいながらも隙間の時間を見つけてはこのブログを書き続けているのは理由があります。

 

それは『あなたにフィリピンの【情報】を伝え【人脈と交友】を持ってもらうコト』

同時に私の人脈と交友も広がるということ。

 

それはなぜか?私自身がこういった【情報】【人脈】【交友】に助けられたからです。

フィリピンに来た当初、英語もタガログも話せない私はインターネット(日本語)でフィリピンの情報を得ていました。

 

そしてある日、日本人の友人『S先輩』に出会いました。

彼が私の住むエリアの『日本人会』を紹介してくれたことでさらに日本人の知り合いが増えました。

 

ブログとFacebookでフィリピン在住日本人の友達が出来ました。

わざわざ会いに来てくれる方もたくさんいます。

 

一緒にDIYしたり、トライシケルいじったり、食事したり酒を飲み交わしたり。

私のビジネスのお手伝いや業務提携してくれる方もいます。

 

もちろんフィリピン人の友達もたくさんいますが、やはり最初は気心の通じる日本人の知り合いが心強いモノです。

こういった『仲間』を情報発信しながらもっと増やしていきたいですし、私自身も『心強い知り合い』でありたい。

 

そう、あなたに私の知る限りの情報を提供し、また『あなた』の情報も共有したいのです。

べつにあなたの個人情報が欲しいわけではありません(笑)

 

あなたからのブログへのコメントやFacebookの友達申請をお待ちしています。

お友達申請の時はあなたの自己紹介もお忘れなくお願いします、

 

もちろん情報開示したくない人は『見るだけ』でもOKですよ?

 


~フィリピンの日常『大雨・洪水・浸水・冠水』の被害?をトライシケルから撮影!~より

 

当ブログのモットーは『よそのブログにないディープでマニアックな情報』

旅行会社や英語学校、留学生が書くようなネタはそちらのブログをご覧ください(笑)

 

ブログではフィリピンでのビジネス、文化や生活、趣味のバイクや車、DIYなどの他

フィリピンでの生活に役立つ便利情報についてもご紹介しています。

 

Facebookではフィリピンでの日常生活をつれづれと短く書いています。

 

私のようにフィリピン人と結婚した方、

フィリピン好きな方や何かフィリピンと縁のある方、

フィリピンに住んでる方や住んでみたい方に是非、全て読んで欲しい

 

発信したフィリピンの情報が何かのお役に立てれば幸いです。

そしてあなたの『縁』が広がることを願っています。

 

それはつまり私の縁も広がるということ。

聞きたいことがあれば気軽にコメントでご質問ください。知ってたらお答えします(笑)

 

私のプロフィール

名前   村田 大輔

出身   神奈川県横浜市

年齢   1976年(昭和51年)生まれ。

性格   雑な典型的B型
※でもB型だからときどき変なとこに対して細かいです。

趣味

  • DIY(でも雑な性格だからクオリティは低い)
  • 20年所有してきた愛車(ホンダ・DAX)をいじる事
  • テニス そしてその後のビール!

 

また、日常のトピックやつぶやきをFacebookで公開しています。
お友達申請の方はメッセージください。フォローはご自由にどうぞ。

https://www.facebook.com/daisuke.murata.7921

 

Facebookページ(主にブログの情報を掲載しています)
https://www.facebook.com/philippine.yokohama
Facebookページの「いいね!」もよろしくお願いします。
※「いいね!」するとブログの更新情報がタイムラインに載ります。

 

 


Copyright© フィリピン起業日記2 , 2017 All Rights Reserved.