~フィリピンで生活しながらビジネス~

自分のトライシケルをオーダーメイド。製作秘話①

村田 大輔
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら



前にもご紹介したことのあるトライシケル。

 

『トライシケルってなに?』という方はまず下記の記事をご覧ください。

フィリピンのサイドカー付きバイク・トライシケル(トライシクル)

 

タイトルには『オーダーメイド』なんて書きましたが、新品は基本的にすべてオーダーメイドです。

 

知る限り、すべてのトライシケルはハンドメイド。

中古品でもなきゃオーダーでの製作になります。

 

たしか2017年の10月にスタートして、

完成は翌月の後半。ひと月半位かかりました。

 

まずはどこの工場でどんな感じのトライシケルにするか検討

 

フィリピン移住を決めた時とほぼ同じタイミングで

トライシケルの購入も決めていました。

 

なぜって?

利便性?

 

いやいや、ただ『欲しかった』だけ。

男の子ですから、好きなの。こういうのが。(笑)

カスタムするとカッコいいし。

 

ま、仕事にも使うでしょ?くらいな感じで…( ´艸`)

 

てなわけで、こーゆー時にはラミルのアニキに相談!

 

 私 「アニキー!!トライシケル欲しいんッスけど…」

 

 アニキ 「ちっと待ってろ。いいの探してやるよ。」

ネットでいろいろ探してくれました。

 

しばらくしてから、

 

アニキの

「これ、かっこいーんじゃね?」

のひとことでほぼ決定。

 

ホントはステンレスボディーの
『いかにも』ってのを考えてました。

↑予想していた「いかにも」的デザイン。

 

…が、
↓実際には前衛的デザインになります。(かなり目立ちます)

この手のサイドカーは近くのショップではやってないみたい。

 

工場に出向いて注文

 

ラミルのアニキとバイク二人乗りで50km離れたアンヘレスの工場🏭へ。

フィリピンの日差しで50kmの移動はなかなかの苦行でした。

 

バイクはすでに購入してあるこのホンダTMX。

コイツに組み合わせるサイドカーをオーダーします。

 

製作の流れですが、

  • ①一度工場に行って注文、細かいところを打ち合わせ。
  • ②塗装前のサイドカーが完成したら現車合わせしながらバイクとサイドカーの接合部分の製作。
  • ④その後塗装。
  • ⑤塗装後のサイドカーを組み合わせて完成したら持ち帰り。

 

①、②、④の工程で工場にバイクを持ち込まなくてはいけません。

先にも書きましたがトライシケルは基本は全てハンドメイド。

いわゆるフルオーダーメイドです。注文付け放題(?)

 

  • ボディーサイズ
  • ボディーカラー
  • 運転席ルーフの大きさや高さ、
  • キャリア
  • シート
  • 電装品
  • その他何でも

リクエスト出来ます。

製作中の車体があったのでこれをベースに詳細を注文。

キャリアの追加もオーダー。ルーフと背面にも。

 

アルミホイールもオプションで追加できますが、

こちらは見送り。あとでいろいろ選びたいしね。

とりあえず写真のスポークホイールで決定。

 

シートの生地。赤と黒のツートーンでオーダーしました。

詳細が決まったらここで手付金を払って契約完了。

 

製作秘話その②へつづく…

自分のトライシケルをオーダーメイド。製作秘話その②


 

データ通信料1/10!?フィリピン人より詳しい

『フィリピンモバイル通信虎の巻E-book』

フィリピンで格安でインターネットするには?

著者がフィリピンで極めた現地モバイルデータ通信の知識を凝縮!

これ1冊でSIM、ロード、プロモ…プリペイドSIMのすべてがわかる!

もう高額の海外ローミングは不要!

ご登録頂いた方にもう一つの便利情報をプレゼント!
詳しくは登録後にご案内します。

この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら
関連コンテンツ



Copyright© フィリピン起業日記2 , 2018 All Rights Reserved.