民泊サービス 好評です。

~フィリピンで生活しながらビジネス~

フィリピンで最初のビジネス・アパートを開業~フィリピン人の物件探し~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔(Daisuke Murata)
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

フィリピン移住計画の最初にして最大のビジネスとして、アパート経営を始めました。

アパートを開業した時の日記と、フィリピン人の物件探しや取引の形態について書きました。




当時の物件案内

 

APARTMENT FOR RENT

(Newly Constructed)

Brown St. corner Red St. Felicisima Village, Mojon, City of Malolos, Bulacan.

– equipped with:

CCTV

Smoke Detector

Fire Alarm

Fire Extinguisher

– television cable ready

– 2-storey Unit

– 2 bedrooms

– 1 toilet & bath

– kitchen with kitchen cabinets

– dining area & living area

– laundry service area

– spacious parking

– convenient store infront

For inquiries, kindly send me personal message on Facebook or send an email to

※※※@yahoo.com.ph

和訳

アパートの貸室

(新築)

アパートの住所

– 装備:

CCTV(防犯カメラの事です)

煙探知器

火災警報

消火器

– テレビケーブル準備完了

– 2階建てのユニット

– ベッドルーム2室

– トイレ&バス1台

– キッチンキャビネット付きキッチン

– ダイニングエリア&リビングエリア

– ランドリーサービスエリア

– 広々とした駐車場

– 正面に便利な店(うちのお店の事です)

お問い合わせは、メッセージをFacebookかメールで送ってください。

 

アパートのあるサブディビジョン(分譲住宅地)のFacebookページに掲載していました。

 

当時の日記

 

不動産屋などの仲介業者をはさんでいません。

のちに分かったことですが、フィリピンでは口コミやFacebookなどのSNSの発信力が異常に高い。

 

こんな簡素な広告を出しておくだけでもワラワラと入居希望者が物件を見に来ます。

フィリピンの需要のスゴさが伺えます…。

 

近隣と比べるとややハイカラなデザインのアパートなので若干家賃は高め。

 

開業当時の私は「こんなんで大丈夫なの?」と思っていましたが、開業後も経たないうちに半年満室になりました。

恐るべしフィリピンの需要。

 

アパートと店舗前、近所に入居者募集中の広告の掲示もしました。

 


2018.3.10追記

広告バージョンアップ。住宅街の入り口に貼らせてもらいました。


 

‥‥と、貼り付け作業完了直後に入居検討者が❗❗❗

この人たち、後から母親連れて見学してました。

 

この日、二組の見込み客が来ました。

作業直後からに2時間位の出来事でした。

経済成長中のフィリピンには日本では信じられない位の需要があるようです。

これについては奥様いわく、『セブの教会にお参りしたのが効いている』のだそうです。

 

セブのお参りした時のハナシ

 

アパートの建前行事

 

仲介業者は不要?

 

大都市などでは必要だと思いますが、日本ほど必要とされていない様です。

多分、貸す側も借りる側も「仲介業者」を信用しないんでしょうね?

 

借りる側は業者の情報を信用しませんし、オーナーもお金をだまし取られるリスクが。

結果、業者は不要でテナントとオーナーの直接取引に。

 

フィリピン人の物件探しのスタイルを観察。

 

ではフィリピン人はどうやって物件を探すのか?

日記の通り、「自分の足」で探します。コレが間違いない。

 

物件や近隣の情報はその辺にいる人と立ち話しながら探っているようです。

例えば騒音や臭気(気にしないフィリピン人も多いが)、電気や水道などのインフラの情報はご近所から聞くのが確実。

 

利害関係にある業者やオーナーのみからの情報のみだと信ぴょう性が無い。

 

フィリピンでは日本「SUUMO(スーモ)」のような物件探しサイトが無いので不便…誰かやらないのかな?

というようなコトを言ってる日本人の方のハナシをよく聞きます。

 

確かにあれば便利かもしれませんが、載る情報自体に信ぴょう性という問題が…。

結局は「自分の足」になりそうですね…。

 


 

データ通信料1/10!?フィリピン人より詳しい

『フィリピンモバイル通信虎の巻E-book』

フィリピンで格安でインターネットするには?

著者がフィリピンで極めた現地モバイルデータ通信の知識を凝縮!

これ1冊でSIM、ロード、プロモ…プリペイドSIMのすべてがわかる!

もう高額の海外ローミングは不要!

ご登録頂いた方にもう一つの便利情報をプレゼント!
詳しくは登録後にご案内します。

この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔(Daisuke Murata)
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら
関連コンテンツ



Comment

  1. アバター 飯島 より:

    muratadasi様

    ありがとうございます。お言葉に甘えて立ち寄らせて頂きますので
    色々話を聞かせて頂ければと思いますのでよろしくお願いします。 
    お伺いするときは、もちろんご連絡させて頂きます。
    ではまたよろしくお願いします。
                       飯島

  2. muratadasi muratadasi より:

    飯島様

    こんにちは。コメントありがとうございます。
    返信が遅くなってすみません。

    初期投資はざっくり1500万円です。
    この投資は約2年半前より半年くらいの間に行いました。
    地域差もあるかもしれませんが、現在物価上昇が激しいです。
    賃金も今後上がるでしょうから、
    始める時期による変動が大きいと思います。

    現在営業を始めて日も浅く、大まかな計画しかありませんが、
    アパートと店舗の投資額を家賃で10~12年かけて回収しようと考えています。

    他の商売は現在のところ環境の変動とリスクが大きいので先が読めません。

    • アバター 飯島 より:

      muratadasi様
      ご返信ありがとうございます。
      計画性のある投資ですね。1500万円は、かなり思い切った投資ですね。
      ご成功をお祈りいたします。店舗もうまく回っていくといいですね。
      私も参考にさせて頂きます。
      来年渡比予定なので(ケソンシティーに3日間 イロイロに10日間)滞在予定なので
      厚かましいお願いですが、お時間があればぜひとも拝見させて頂ければと思います。
      その節はよろしくお願いいたします。
      ではまたよろしくお願いします。
                             飯島

      • muratadasi muratadasi より:

        飯島様

        フィリピンにいらしたときにはぜひお立ち寄りください。
        歓迎します。

        私の住むマロロスはケソンからだと車で1~2時間くらいの所です。
        いらっしゃるときはご連絡ください。

  3. アバター 飯島 より:

    muratadasi 様
    こんばんは 綺麗なアパートですね。
    色々ビジネスをやられてるのですね。
    初期投資は、どれ位なのでしょうか?(地域にも差があると思いますが) 
    年利何パーセントくらいで回るんでしょうか?
    お答えできる範囲で結構ですのでよろしくお願いいたします。
                          
                      飯島

Copyright© フィリピン起業日記2 , 2018 All Rights Reserved.