~フィリピンで生活しながらビジネス~

ついに海外での店舗営業開始!海外事業第二弾の行方は…

2018/03/02
 




この記事を書いている人 - WRITER -
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください
詳しいプロフィールはこちら

2017年7月18日、いよいよ食料品店開店です。

アパートの目の前に建てたお店。写真の右奥がアパートです。
入居者にとってはとても便利!
相乗効果狙いです。( ^ω^ )

食品、日曜品、米、氷等々を扱います。
今後、調理品等も少しずつ展開予定。

奥様は陳列棚ぎっしりの状態を想像していたらしく、ご不満。
まずは売れ行きリサーチして、それから在庫は増やしましょー(^_^;)
まだ手探りなので
あれが足りない、これが足りない❗状態です。

ちょっとした買い物用のお店。
大量買いの人はスーパーへどうぞ。
スーパーへは少し距離があるので、半径50m~いいいとこ100m位が商圏。
と、思われます。

なので調味料とか缶詰めは小さめ。
もともとこちらの庶民は小さめしか買わないので。
しかしペットボトルのジュースだけは大きめも売れます🎵本日最初の売り上げはコーラ1.75L。50peso (約130円)ソフトドリンクのサイズは小さいもので235ccから。



シャンプー、洗剤、歯ブラシ等日用品 うーん……たくさん並べると真ん中が垂れ下がっちゃいますね……直さなきゃな(;・∀・)

うちは冷凍食品がウリ。(おもに冷凍肉)
近隣店舗にはございません。
今日から朝から晩まで店番なので、前ほどテニス🎾ばかりしてられません(T^T)
走行は23万キロ。1994年式。
こっちでは普通かな?

しばらく使ってみてわかったことですが、フィリピンの人は車を(車も)直さない
業界でいうところの『乗りっぱなし』の人が多いです。

明らかな過走行車なんですが、壊れたところはそのまま使い続けているのでしょう。
燃費が悪かろうが、アイドリングが不安定だろうが、窓が開かなかろうが、オイル滴っていようが
とりあえず走ればあとは関係なし。メンテナンスなんてしない。
いや、するんだけどエンジンオイルと冷却水とタイヤの空気圧、位じゃない?(全てつぎ足すだけ(-_-;))
あとはそのまま( 一一)

借りてから一週間位でリヤブレーキが大破しました。早速修理。


Copyright© フィリピン起業日記2 , 2018 All Rights Reserved.