~フィリピンで生活しながらビジネス~

マニラ遠征!ビジネスに欠かせない首都マニラを散策!その①

2019/03/31
 




この記事を書いている人 - WRITER -
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください
詳しいプロフィールはこちら

 

マニラにお出かけしてきました。

フィリピン在住の日本人の友人からのお誘いで食事と買い物。

ごく日常っぽい話なのですが、私にとって『首都マニラ』は非日常なのです。

 

私にとってのマニラ

 

自宅からマニラの中央部まで約50km。

たいした距離ではないのですが私にとっては近くて遠いマニラ。

 

なんたって首都ですから人もお金もなんでも集まる所。

これからビジネス展開をしていくわけですから、早いうちからマニラのどこに何があるか知っておきたい。

交通手段を使い慣れておきたい。

 

また、自宅のあるマロロス近辺で手に入らないものもマニラであれば購入できる、なんてこともしばしば。

 

ビジネスと快適な生活には欠かせない首都マニラ。

しかしなかなか行く機会に恵まれないのでした。

 

なぜかというと奥様があまり良い顔をしません。

前の記事犯罪都市マニラ!危険?治安と安全な身構えと対処法【観光客必見】
犯罪都市マニラ!危険?治安と日本人被害とその傾向【必見】

書いた通り、マニラは危険なエリア。

 

「危なっかしいから、アナタまだダメ。」と言ってなかなかマニラに行かせてもらえません。

( 一一)過保護な私。(執筆当時ですけど)

 

しかし今回、信頼できる日本人の先輩が連れて行ってくれるというので、両者の奥さんも連れて4人でマニラに行くことになりました。

 

マニラに行くタイミング

 

クルマは便利ですがマニラに行くには心構えが必要です。

マニラは交通渋滞が激しいことで有名で、東南アジア随一ともいわれています。

過去にマニラからの帰宅時、夕方のラッシュに巻き込まれ60km弱の距離を4時間かけて帰ったことがあります。

 

問題は渋滞だけではありません。

マニラ首都圏は「カラーコーディング」という自家用車の乗り入れ規制もあり、コレも面倒な障害の一つです。

 

かんたんに言うと、

『〇曜日は車のナンバーの末尾△のクルマは走っちゃいけません。』というもの。

 

平日の月~金曜日が対象なのですが、このくらいの対策ではマニラの渋滞は全くと言っていいくらい解消しません。

 

そこでマニラへ行くのに一番良いのが

「日曜日の朝」となります。

 

渋滞もナンバー乗り入れ規制もありません。

マニラのどこでも所要時間半分以下になります。

 

先輩S氏は「日曜日以外はマニラに遊びに行かない」と言ってました。

仕事だとか大使館など役所関係に行くときは渋滞にもまれなくてはいけません。

 

巨大ショッピングモール「メガモール」内を散策

 

地元マロロスにもショッピングモールはありますが、メガをうたっているだけに規模が違います。

地元の10倍くらいあるんじゃないですかねー?

 

横に長く連なる約400メートルの6層建てのモールが2棟。

売り場面積の合計は世界第5位だとか。

 

各店舗がオープンする1時間前の9時にモール内へ。

あれ?オープン10時じゃないの?

ここののモールには教会があって、早朝からミサをやっています。

なので、ほかの店舗が閉店していても、モールの中に入れるんです。

↑教会の入り口です。

しかしショッピングモールに教会とは考えましたね。

フィリピンは国民の大半がカトリック。

 

家庭内で

「日曜は当然ミサ」派と

「日曜だからショッピングモール」派の

争いがあるんでしょうね。見事な折衷案です!

 

クリスチャンの奥様二人はミサへ。

先輩S氏はレストランの順番待ち。

私はというとオープン前のモール内を散策。

↑オープン前なのでトイレもオープンしてませんでした(笑)

教会の近くのトイレはOKでした。

 

ウロついて実感…ただでかいだけのモールじゃありませんね。

前に地元のショッピングモールをご紹介しましたが、

ここにはさらに、

スケートリンク(氷上はモヤだらけでした)

スポーツジム

多数のアートギャラリー(フィリピンで初めて画廊を見ました)

そしてラーメン屋からTOTOのショールームまで、数々の日本企業の支店がありました。

見つけただけでも、ラーメンの一風堂、大阪王将、お好み焼きの道頓堀、やよい軒、富士そばその他…

多すぎて忘れてしまいました。

 

フィリピンのジャパニーズレストランはメニューの誤記(日本語が間違ってるなど)が当たり前なんですが、

日本からの支店もやっぱり誤記多いです(笑)

店舗前の看板なんですが、TORI KATU と書いて「かつとじ」になってます。

卵でとじてないじゃん!!他の店舗も同様。店の前に堂々と誤記だらけ。(笑)

 

次回後半に続きます。


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© フィリピン起業日記2 , 2018 All Rights Reserved.