~フィリピンで生活しながらビジネス~

フィリピンの高地バギオ観光!避暑&観光旅行弾丸レポート!!

村田 大輔
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

久々にフィリピンの現地リポートです。

 

ひょんなきっかけから『Baguio(バギオ)』という観光地に言ってきたときのお話です。

 

フィリピンで『観光』っていうと『ビーチリゾート』のイメージかと思いますが、こういった一味違うのもあります。

海とか暑いのが苦手な人にはオススメですね。


きっかけは飲み会でのある発言。

 

友人3夫婦6人でお泊りの飲み会でした。

 

友人1 「明日朝ちゃんと起きれたらバギオ行く?」

そう言いました。

 

 「…OK。いこーか」

酔っていた私は社交辞令というか飲んだ勢いと思いそう答えました。

 

そして翌朝。

友人2「よーし。じゃー行こうぜー!!」

 

…なんてノリの良いフィリピン人。( ゚Д゚)

結構な二日酔いの友人も巻き込んでバギオに出発することになりました。

 

バギオって??

 

高地の避暑地として有名な観光スポット。

マニラからだと北に260キロですね。

マニラなど都市部から観光客が多く訪れます。

常夏のフィリピンでかなり涼しい。

 

フィリピンの首都圏から日帰りもできる避暑地。

日本で例えれば『軽井沢』ってトコですかね。

 

自宅からだと200キロちょいですが、お泊り会はクラークだったので今回は180kmくらいの道のりでしょうか?

 

話には聞いていましたがまだ行ったことはありませんでした。

いずれ行くであろうとは思っていましたが、あまりに唐突な決定。

 

何はともあれLet’s go!

 

マニラ~自宅のあるマロロス~お泊りしたクラーク~バギオまでは

一直線に高速道路が伸びています。

 

渋滞さえいなければ2時間で行ける距離です。

幸い当日は平日。

 

今回は運転もなしで後部座席でゆったりです。

 

…動画なんか撮ってみました。…特に何もありませんがボーっと眺めたい方はご覧ください。

フィリピンの車窓から~フィリピン、ルソン島北部の平原にて~

 

現地リポート

 

マニラや自宅のあるブラカン州はほとんどが平野なのですが、

バギオは思いっきり山岳地帯。

 

日本の峠道の様なワインディングロードを抜けていきます。

 

一大観光地だけあって、フィリピンにしてはかなり整備された道路でした。

落石がすごく多いけど。

 

峠道の途中に巨大なライオンヘッド出現。名所らしい。

写真撮影が大好きなフィリピン人はバギオへ来ると必ずここで記念撮影するらしいです。

強烈にすすめられたのでとりあえずパチリ。

ゴルフ場がいくつもあります。

ゴルフするには涼しくてよい環境です。

 

やりたいけど今回はナシ。

 

 

ホテルや別荘が立ち並びます。

展望台にて。

 

気候

15時前で気温23度。低地はというと30度でした。

その差7度!超涼しい。

 

朝夕は長そでが必要ですね。

 

民芸品?のお土産屋

土産物屋。さまざまな木彫りが目に留まりました。

 

自宅で使うようにまな板とすり鉢、擦り棒を購入。

結構固い素材で長持ちしそう。

 

『隠れ家』っぽい造りのレストラン Chocolate de Batirol

『隠れ家』的レストラン。有名らしいですけどね。

生えてる木を支柱にした低い屋根と、

外壁がなく、周囲を草木で覆った外壁?が

何とも秘密基地っぽい…

…と思ったのは私だけかもしれません。

 

チョコレートドリンクが名物らしいです。

店の名前も Chocolate de Batirol。

バギオはイチゴの名産地

 

バギオはイチゴの産地としても有名らしいです。

低地の気候じゃイチゴ作れませんものね。

観光地らしく、イチゴのジュースやアイスクリーム、ケーキなどいろいろと売ってました。

 

農産品をドカ買い。これもフィリピン人の観光の醍醐味の一つ

帰りの峠道の土産物屋。建物の裏は崖です。

民芸品だけじゃなくて大量の農産品を販売してました。

 

と、いうわけで大量の野菜を購入。

フィリピンは都市部と地方との物価の差が大きいので、地方に旅行した時に野菜などの食糧品を大量買いするというのがよくある光景です。

 

まとめ

 

初めていったフィリピンの高地バギオは、見慣れたいつものフィリピンの景色とは一変。

あなたの知ってるフィリピンとは違うはず。

 

私の住むエリアでは見かけない山岳地帯の風景や、土産物屋とか民族衣装とか見ると、なんかアンデス地方みたいな感じ。

 

昔行ったことのあるペルーを思い出しました。

 

『フィリピンのアンデス』なんてネーミングもいいかな…いらないか(*´з`)

 

一日涼しいところから無事帰路についた日の夜は

地元マロロスの暑さが一層身に染みた寝苦しい夜でした…



 

データ通信料1/10!?フィリピン人より詳しい

『フィリピンモバイル通信虎の巻E-book』

フィリピンで格安でインターネットするには?

著者がフィリピンで極めた現地モバイルデータ通信の知識を凝縮!

これ1冊でSIM、ロード、プロモ…プリペイドSIMのすべてがわかる!

もう高額の海外ローミングは不要!

ご登録頂いた方にもう一つの便利情報をプレゼント!
詳しくは登録後にご案内します。

この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら
関連コンテンツ



Copyright© フィリピン起業日記2 , 2018 All Rights Reserved.