~フィリピンで生活しながらビジネス~

バリクバヤンボックスの荷造り梱包レポート!ちゃんとしないと壊されます!

2018/09/25
 




この記事を書いている人 - WRITER -
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください
詳しいプロフィールはこちら



バリクバヤンボックスの荷造り梱包レポート!ちゃんとしないと壊されます!

 

こちらは6月に日本⇒フィリピンへの引っ越し荷物をまとめた時の記事です。

到着した時の記事⇓

海外への引っ越し荷物、バリックバヤンBOX到着!発送から1か月

 

 

引っ越し準備

 

まじめに引っ越しの準備。

家具と200Vに対応しない家電を除くとほとんどの家財を持っていくことになりそうです。

それと大量の奥様の洋服。

 

私 『冬物いらないんじゃないの?』一応奥様にはお伺いをたててみるものの、

 

奥様 『持っていく。』と一蹴。(=_=)

 

まあ、私は私で工具の山。
ドライバーなどのハンドツールから

 

大きいモノでは溶接機やら卓上ボール盤などなど…

小さなバイク屋さんが始められそうなくらいの工具を送ろうとたくらんでいるので、どっちもどっちというよりは私のほうがタチが悪い(笑)

 

いずれにせよ海外移住には似つかわしくないとゆうかやりすぎな感じがします。(笑)

 

大量・安価・非課税!出稼ぎ先との懸け橋『バリクバヤンBOX』

 

たまたまフィリピンには『バリクバヤンBOX』という出稼ぎ族(の家族の慰安)向けの制度があって、約20万円分までは非課税で荷物が送れます。

 

海外で出稼ぎしてるフィリピン人労働者⇔その家族で物資、お土産などのやり取りができるわけですね。

 

日本にもその取扱い業者がたくさんあります。

いつもお願いしてる『テクノハイ』さんに依頼。

 

いつもは60cm四方くらいのは大きい段ボール1箱で送るのですが、(これで送料1万円くらい)
今回はさて何箱になるのでしょう…

 

フィリピンは距離が近いので送料もそこそこですが、日本からアメリカやヨーロッパあたりだったらシャレにならない送料だろーなー…関税もあるだろうし。

 

そんなたまたまが重なったもんですから、何でもかんでも送っちまおうとゆうことに…(笑)
新たに買うよりゃ安いでしょ…( *´艸`)たぶん。

 

ただし。

フィリピンの業者はとにかく荷物の扱いが荒い(/_;)
デカい段ボールを転がしながら運んだりしますからね( ̄д ̄)現場を見て驚きました。

 

なのでこわれもの禁止です。万一壊れても保証ありません。

 

梱包のコツ~こうやって易損品も送っちゃいました~

 

そんなわけで梱包も慎重に…

工具等を入れる木箱を製作。
製作といっても近所の成城石井でワインの木箱を売っていたので購入。フタだけDIYです。

 

売れ残ったお酒もいくつかお土産に送るかな…

 

エアキャップ(ビニールのプチプチの梱包材)でぐるぐる巻きにして梱包。
ガラス瓶なので箱のどの位置に入れるかなど慎重に検討します。

 

今回送ったヤバそうなもの

 

  • テレビ(24インチ)
  • PCモニター(23.5インチ)
  • ウイスキー、ブランデー、焼酎他、瓶のお酒
  • PC機器一式

 

PCの関連機器は200vに対応しているものが多いですね。
知りませんでした…

 

発送してから到着まで3週間から1か月くらいかかります。(船便なので)

 

1か月後の結果をお伝えすると…
結果は…上記のものは全て無事でした。((((oノ´3`)ノ

 

その代わりに犠牲になったものがたくさんありますが…( ;∀;)
詳しくは到着時の記事をご覧ください。



まとめ

考察すると重要なのは梱包材はもちろんですが、

 

  • 箱の中の易損品の位置ですね。これが決め手。箱の端に寄せない(ど真ん中がベスト)
  • 衣類を収納袋に入れてでっかい緩衝材を作る
  • 梱包材や他の荷物でしっかりブロック(箱の中で大事な物が動かないように)

などなどです。

 

引っ越し準備は着々と進行していきます。(なぜか私一人で)( ;∀;)

 

関連記事

バリックバヤンボックス関連の記事はこちら

移住の時に日本からフィリピンに持ってきて良かった持ち物3選


Copyright© フィリピン起業日記2 , 2017 All Rights Reserved.