~フィリピンで生活しながらビジネス~

いよいよ食料品店の開店準備。ド素人が海外で出店に挑戦です。~買い出し編~

2018/01/29
 




この記事を書いている人 - WRITER -
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

このブログのタイトルの『フィリピン起業日記』の『起業』に関する記事です。

私の年は只今41歳。
今のフィリピンは高度成長期。
物価も賃金もこれからどんどん上がっていきます。
貯金はありますが5年も10年も暮らせるほどの蓄えではないし、
そもそもフィリピンでリタイヤ生活を送るために来たわけではございません。

真面目にお仕事して(ないしは楽して儲けてw)生活を安定させないと!
そんなわけで『いまさらかよ!!』と言われそうですが
フィリピンでの新規出店の準備のお話。

本日はいきなり買い出しの話です。
『いきなりですか!?』とお思いの方もいるかもしれません。
実は昨年アパートを開業するときに各種届出は奥様が完了させていたらしいのです。(-_-;)
店舗の建物もアパートと一緒に建ててしまったし…

記憶にあるのはアパートの営業申請だけだな…
せっかくブログでもっといろいろHOTな情報をお届けしようと思ったのですが、残念!!

てなわけで店の商品の買い出しに出かけました。
車で渋滞に揉まれて約1時間の問屋?でかいスーパー?らしき所へ。
『安いから』なんて言ってますが、ちと遠くないですか?配達とかは無いんでしょ?

この日は友達に連れてきてもらいましたが……
今後の移動手段どうしようかな?(^^;


店舗内の様子。
何をどれだけ買えばいいのかなんて分かりません。
何せこんなことやった事無いし…奥様の勘だけが頼りです。

手当たり次第にカートに放り込む奥様。

『初めてだしもうちっと手加減されては?』と言いたいところでしたが、さすがにクルマで1時間掛かるとなると買い直しもタダ事じゃありません。
よくよく考えれば今回はオープニングの準備です。
商品の陳列を派手にやらない手は無い訳です。
余ったら地道に売り切ればいい。(賞味期限の切れる前に)

こうなったら全て奥様お任せいたします。
もといこうするしかない、というか最初から任せっぱなしw

ソフトドリンクも仕入れ。
こちらはコカ・コーラのディーラーから配達してもらいました。

ビール類。こちらもサンミゲル・ビールから配達。


広告

いやしかし、スーパーの買出しは疲れます。
量もさることながら、フィリピンのレジはとにかく進行が遅い。

遅い遅い遅い…<span style=”color:#FF0000;”>たまらなくおそーい!!</span>

いやいや、ここはフィリピン。日本じゃありません。日本人の感覚で物を言ってもしょうがありません。
と思いきや、奥様(フィリピン人)もかなりイライラしていらっしゃる(-_-;)
このブログ執筆時はフィリピンに来てから半年ですが、
いまだにこのレジのお粗末具合はイライラします。

次回は店舗の内装他の準備です。


Copyright© フィリピン起業日記2 , 2017 All Rights Reserved.