~フィリピンで生活しながらビジネス~

元新車販売のプロがフィリピンで新車購入~半年後のあれやこれや~

2018/09/25
 




この記事を書いている人 - WRITER -
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください
詳しいプロフィールはこちら



元新車販売のプロがフィリピンで新車購入~半年後のあれやこれや~ 前編

 

先日、ダバオへ行った際にで交通違反で捕まり、運転免許(国際免許)をあやうく現地で没収されるとこだった危機一髪のムラタです。(汗

フィリピン縦断旅行の連載記事の途中ですが、今回ちょっと息抜きに違う話をします。

 

2018年の1月、デング熱の病み上がりの体を引きずってディーラで新車を買いました。

詳しくは

元新車販売のプロの私がフィリピンで新車購入時におさえたポイント その①

元新車販売のプロの私がフィリピンで新車購入時におさえたポイント その①

元新車販売のプロの私がフィリピンで新車購入時におさえたポイント その② 

をご覧ください。

 

納車から約半年が経過したので、その後のインプレッションやらグチやら雑多に書いてみたいと思います。

 

車検証とナンバープレート

 

フィリピンでは車検証とナンバープレートの発行にものすごく時間がかかります。

 

日本は登録申請当日に車検証とナンバーがもらえますが、フィリピンでは

 

車検証       3~4週間

ナンバープレート 1年以上

 

…がかかるそうです。(地域により違いはあるかもしれません。)

 

そのため車検証とナンバーが無くても走れますが、車検証なしでは登録の州から出てはいけないそうです。

ナンバープレートを受け取るまでは写真の様なディーラーが作ってくれた仮のナンバープレートになります。

ペラペラのプラスチックです。私の車もまだナンバープレートがもらえず現在こんな状態。

フィリピン人の友達に聞いたところによると、ナンバープレートの発行が大分遅れてるらしく、受け取るまでになんと4年かかったそうです。

これじゃナンバープレート要らないじゃん!!

 

納車後の不具合

 

けっこう色々ありました。(*_*;新車なんだけど。

とはいえ、日本でもそんなに珍しいことじゃありません。
元ディーラー営業マンの私が数多くの新車を納車してきた経験から言うと、いわゆる

『当たりはずれ』みたいなのって、あるんですよね。

製品自体の不具合もあれば
人為的なミスによる不具合もあります。

全部グチとともに書いておきますね。(笑)

 

新車納車早々メーターが動かない!?

ディーラーで新車を受け取りいざ出発!

…の前に、
ディーラー 「燃料がほぼ空なので指定のスタンドで燃料入れてください」

 

と、軽油10リットルのクーポンを渡されました。
日本だったら納車前に入れとくんだけどね…

 

しかしここはフィリピン。「日本ならどーのこーの」は関係ありません。
というわけでディーラから自宅とは反対方向のガソリンスタンドへ。

 

…いくつものガソリンスタンドを通り過ぎ、10km近く走ったでしょうか?提携のガソリンスタンドがなぜこんなに遠い?(=゚ω゚)ノ

…その途中でふと気が付きます。

 

『スピードメーターが動いてない』

 

その昔、日本でもこのトラブル(というよりミス)は多発していました。

というのも、これは積載車を使わずに新車搬送をした時に度々おこります。

 

現在日本では新車をディーラーまで搬送するときは積載車で運びます。

しかし自走で(新車を走らせて)ディーラーに届けることもあったんですね。

 

その時、メーターの積算計が増えてしまわないように、車速の信号線のコネクタを一時的に外してしまうのです。

そして、納車前に再度接続するんだけど、これを忘れるんだ。時々。(;^ω^)

 

帰りの足でディーラーに立ち寄ると、案の定。

車の下の潜り込んでトランスミッションのコネクターをつないでました。(笑)

 

ルームランプの電球切れと電球の脱落

 

ルームランプの不具合で3回ディーラーに足を運びました。

 

1度目は電球切れを申し出に。当日は部品の在庫が無いそうなので後日作業。

2度目。注文した部品が入荷したので電球交換。そしたら後ろのルームランプ球も点かない。再度部品手配。

3度目。ディラー行ったら、なんとリヤのルームランプは電球が脱落してたんだとさ。

外れた電球を付け直して終了。

 

2回目の時にちゃんとチェックしてればこの無駄足は要らなかったね( ゚Д゚)



ティント(ガラスに張ったフィルム)の剥れ

 

納車から1か月もしないうちに運転席横のガラスのフィルムの下の方が剥れてきてしまいました。

 

これは明らかに施工ミス。
フィルムをカットするポイントを間違えてる。上過ぎ。

 

これは保証修理してもらったけど、これがまた大変。

 

ディーラー「時間ができたらいつでもいいから来てください。」

時間ができたので行ってみると、

 

 「きましたー。」

 

ディーラー「ティント(フィルム)の作業は外注作業のため、業者がいないときは作業できません」

 

  「………。(# ゚Д゚)」

 

頭に来たので、
  「話が違う。業者が来たら自宅まで車を取りに来てください。」

 

ディーラー「それは出来ません」

 

  「………。(# ゚Д゚)」

 

ィリピンのディーラーは、たとえクレームでも引き取り納車はしてくれない…みたいです。

 

ハンドルセンターズレ

直進しててもんな感じでハンドルが傾いてました。

ディーラーに持っていくのがめんどくさいので自分で直しました。

 

不具合の話まとめ

グチを並べると筆が進みます(笑)

元ディーラマンとしては、不具合自体にはそんなに腹を立てないんですが、やっぱり大事なのってディーラーの対応ですよね。

 

そんでここはフィリピンなので当然、ぞんざいな対応。

ここで『イラッ』ときちゃいますね。

 

だからといって、日本のディーラーがそんなにご立派かというと、そうとも思いません。特に修理工場の対応は、今でこそまともですが20年くらい前はフィリピンのこれに近いものでした。(販売会社にもよりますが)

 

…20年後のディーラーの対応に期待したいものです。(;^ω^)
超軽量・軽量スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
次回、後編はオプションの話と全体の品質についてお送りします。

元新車販売のプロがフィリピンで新車購入~半年後のあれやこれや~②


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© フィリピン起業日記2 , 2018 All Rights Reserved.