~フィリピンで生活しながらビジネス~

フィリピンでサイクリング! 路は悪いが自転車はメジャーな娯楽

2018/09/26
 




この記事を書いている人 - WRITER -
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください
詳しいプロフィールはこちら



フィリピンでサイクリング! 路は悪いが自転車はメジャーな娯楽

 

 

フィリピン移住の準備中にお買い物等の足替わりとして購入したマウンテンバイク。

実際に買い物や町中を散策するのに大活躍しました!

しかしこの自転車、最近違ったニーズで活躍中。

 

私の自転車を見て、あちこちの親戚や知人、お客さんたちからサイクリングのお誘いが来ます。

ってなわけで参加してきました。

 

娯楽としてのサイクリングin Philippine

奥様のいとこ、ラミルのアニキからのお誘いで早朝サイクリング。

日曜の早朝、道路が空いてます。

だいたい帰宅する頃の時間帯は渋滞に巻き込まれます。

この日は日曜の早朝(フィリピン暑いからね)、総走行距離約20km。

 

今度はアパートのお客さんからの誘い

 

ある日はご年配のグループからもお誘いが。この中の一人がアパートのお客さん。

意外といいペースで走ります。漕ぎながら撮影だと手ブレが。(汗)

最近しょっちゅう誘ってくれるアパートのお客さん。途中で立ち寄った食堂のお粥がおいしかったので、その話をしたら毎回いろんなお粥のお店に連れて行ってくれます😋

このお粥を食べにサイクリング。

早朝は景色もいいしの空気も(比較的)いいもんです。

しかしやっぱりフィリピンの道は埃と排気ガスがひどいね…

マニラだとみんなマスクしてサイクリングしてます。(写真がありません。悪しからず)

フィリピンの自転車屋さん

 

サイクリングの出先で自転車がトラブルに遭ったことがあり、近くに遭った自転車屋さんに駆け込んで直してもらったことがありました。

テントみたいな店(フィリピンでは普通)にいろんな自転車が並んでます。

 

気さくなスタッフ。タダで直してもらいました。(^^♪

自転車屋は町のいたるところにあります。

 

まとめ

 

フィリピンの生活で自転車とは、生活の足としての自転車はもちろんありますが、仲間とサイクリングに出かけたりといった娯楽としての位置づけが強いと感じました。

 

フィリピンにはボロい自転車が無いとは言いませんが意外と少なく、近年普及してるロードタイプやマウンテンバイク(フィリピンは道が悪いからね)をたくさん見かけます。

 

これは東南アジア諸国の乗り物の普及という目線から見ると、ほかの諸国では自転車とバイクが普及してそれが自動車へと発展していくのが一般的ですが、フィリピンではジープとトライシケルが普及して、そこから自動車へと発展したようです。

 

フィリピンは自転車飛ばしちゃってるんですね。

 

私は日本ではサイクリングなんて行ったことありませんから、娯楽(スポーツ)としての自転車は日本よりフィリピンのほうが普及してる気がします。

 

道路とかキレイな空気とかの環境は絶対に日本の方がいいんですけどねー( ˘•ω•˘ )

 

おまけ

ご近所で借りたチャリンコ版トライシケル。私はチャリンシケルと呼んでいます。

側車にはご覧のように人が乗ってもよし、かなり大きな荷物も運べて便利です。

日常で使う人もいれば、屋台に改造して様々なものを売り歩く人もいます。

 

遠くへ行くのは大変ですけど。



Copyright© フィリピン起業日記2 , 2018 All Rights Reserved.