~フィリピンで生活しながらビジネス~

フィリピンのチップ事情と相場・そして準備~欧米との違い~

 




この記事を書いている人 - WRITER -
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください
詳しいプロフィールはこちら

 

海外旅行慣れしない人は『チップどうしたら良い?』という思いがあると思います。

 

フィリピンはスペイン、アメリカの統治下の時代があり、その名残か『チップの文化』があります。

 

が、結構いい加減です(笑)

 

そこで今回は、私の知る『フィリピンのチップ~欧米との違い、その相場~』についてまとめてみました。



私が感じるフィリピンのチップ文化

 

フィリピンではタクシードライバーにチップをねだられることがしばしばあります。

 

2012年にマスターカードが行った調査では、チップを渡す比率が高い国としてフィリピンが上がっていました。その数なんと75%。(ウィキペディアより引用)

 

しかし個人的な所感ですが

『ほんとかなぁ~?』

 

て気がします。実際に1年以上フィリピンで生活しているとチップを渡す比率がそんなに高いとは思えません。

 

マニラなどの大都市部以外はほとんどチップの文化は浸透していないと思います。

 

欧米とフィリピンのチップ文化の差

欧米ではチップの支払いは『義務』です。

 

きちんと相場が決まっています。

 

レストランのウェイトレスの給料も課税のシステムまでもがチップを受け取ることが前提に設定されています。

 

アメリカなどでは事業者はチップに対し税金を支払っています。

 

これはチップをもらっていなくてもすべて一律に課税されてしまいます。

 

チップを受け取るスタッフたちはチップをもらうのが前提にあるため、安い給料しかもらっていません。チップが収入の柱となっています。

 

もしそんな中でお客がチップを支払わなければどうなるか?

 

事業者はもらっていないチップに対し税金を支払うハメになり、またウェイトレスはその分の収入が得られず、食いはぐれてしまいます。

 

フィリピンはそういった『チップもらうのが前提』のシステムではないので、『義務』じゃあないんですね。

 

あげないからと言って損害が発生するとか食いっぱぐれるということにはなりません。

 

フィリピンにおいてはチップとは違うある慣習が

しかしフィリピンには『皆が一律に支払う』チップとはまた違った慣習があります。

 

それはクリスチャンの教え。フィリピンはキリスト教国。

 

その中の教えに『富は分け与えるもの』というものがあります。

 

つまりお金に余裕があるのなら無い者に与えなさい。というもの。

 

タクシーは『お金持ちの乗り物』です。

庶民はジープ、バス、トライシケルを使います。

 

おカネのある乗客に対しタクシードライバーは『社会の底辺』の人たち。

 

ここに『分け与えるのは当然』という発想が生まれるわけです。

 

日本人には非常識に感じるかもしれませんが、国民の大多数がカトリックのこの国では言わば、これ常識。(とはいえこれを励行していない人も多数いますが)

 

しかしこの国のチップには相場がない。どのくらいあげようか。

 

この『チップ』の定義があいまいな国で困るのが『じゃあ、いくらあげたらよいのか』ということになります。

 

欧米のようにぴっちりと決まった相場がありません。

 

ここからはあくまで個人の意見となりますが、相場がないので『各々で決めればよい』と思います。

 

フィリピンは欧米のように『チップ=義務』ではないので、もらう側だって『もらえればラッキー』でしょうし、サービスが悪ければあげなくてもいいと思います。

大まかな相場(というか私の場合)

 

  • マッサージのスタッフに20ペソ程度
  • ホテルのベルマンなどには10~20ペソ程度
  • サービスチャージのない高級レストランでも50ペソ程度(サービスチャージの請求がある場合はチップ不要)

で十分かと思います。

これより多く渡すことは悪くはありませんが、極端に多すぎるのもあまりよくないという意見もあるようです。

 

これはチップをもらう側が

『日本人ならこれくらいもらえるのが普通』と勘違いするからとか。

 

これは現地にいる日本人から見れば迷惑な話です。

普通にチップ渡したらケチ扱いされかねません。

 

タクシーの場合

他の記事に書きましたが、タクシーのチップについて多数の方に意見を求めたところ、

 

参考記事

マニラぼったくりタクシー!フィリピンの達人たちに聞く戦い方とかわし方

 

  • 『おつりは取っといて』程度の小銭

あるいは

  • チップをねだられた場合、メーター料金のほかに50~100ペソのチップ

 

というのが一般的というか許容範囲のようです。

 

 

チップが浸透していないだけに…

チップの渡し方として、『おつりは取っておいてください』的な渡し方はスマートだし楽でよいのですが、

ほとんどの局面ではチップは現金(コインより紙幣がベター)で渡すことになります。

 

欧米みたいにチップ分もカードで支払いとかはできませんので、大きい紙幣は極力早めに崩して(小さい店では釣り銭がないことも多いので)

 

チップ用に20、50ペソの紙幣は常時多めに持ち歩くようにしましょう。

 



まとめ

 

  • フィリピンではチップの慣習はそんなに厳格ではない
  • あげるかどうか、またいくらあげるかは個人の裁量で
  • 日本人には不得意な『宗教』による考え方もあるので配慮が必要

 

といったところでしょうか?

 

本来の『チップ』は感謝の意の現れです。

ここに書いたことがすべてではありませんし、額の多い少ないがあっていいと思います。

 

海外だとつい浮かれがちになりますが、相手に示す『気持ち』と一緒に周りに対する『配慮』も忘れずに…


Copyright© フィリピン起業日記2 , 2018 All Rights Reserved.