~フィリピンで生活しながらビジネス~

海外生活になった途端 夫婦で2年でスマホを4台も買い替えるハメになった件 後編

村田 大輔
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

前回、前編のお話では私のスマホ2台の買い替え経緯とレビュー、周辺知識等について解説しました。

 

後編は奥様のiPhone2台の買い替え経緯とフィリピンの諸事情についてご紹介。

一連の経験を踏まえてフィリピンで買い替える場合のメリット、デメリットについてまとめます。




今度は奥様のiPhoneSEが…

 

日本で購入した奥さまのiPhoneSEがトラブル。

電源が入らなくなってしまいました。新品で購入して3年経ってない。

 

ちょっと早いなぁと思いつつ、どうして良いのか分からないので業者に修理を依頼。

フィリピンには携帯、スマホの修理業者が多数存在します。


やたらと陽気で乗りの良かった修理屋だが…

 

ここでさらに問題勃発。

修理業者  「Apple IDとパスワード教えてください。」

奥様    「…分からない。」

 

忘れちゃったらしい…

Apple IDとパスワードが分からないと修理がすすめられないとの事。

修理を断られてしまいました…。(゚Д゚;)

…開いた口がふさがりませんが、フィリピンあるあるですな。

 

「買うのはiPhone。」譲らない奥様の選択。

 

「iPhoneじゃなきゃイヤ。」と奥様。

使い勝手の問題?プライドが譲らないのでしょうか?

iPhone=高いスマホ。これは日本もフィリピンも共通認識。

 

それはさておき困ったのは当時の経済状況では購入予算をそんなに大きく取れなかったコト。

フィリピンのAppleストアでiPhone8の価格を見ましたが5万円以上だったと記憶しています。

iPhone Xも発売されてましたが完全に検討対象外…

 

あちこち探し回りましたが結局は中古品を購入することに…

フィリピンの街中ではそこらじゅうで中古スマホが販売されています。

 

路上の露店販売からパウンショップ(質屋)の店頭、中古販売専門店など様々。

アンドロイドスマホでもiPhoneでもよりどりみどりです。

 

そんな中で「中古iPhone専門店」なるものを見つけました。

何でも日本から中古iPhoneを仕入れてきて再販しているんだとか。

 

最新機種をはじめ各モデルが販売されており、その中からiPhone6をチョイス。

お値段6000ペソ(約12600円)。

外装はピッカピカで新品みたいでした。もしかしたら部品交換して販売してるのかも。

その後のiPhone6にかかるある疑惑

 

「ダイヤル通話の音声が途切れる。」と奥様。

確かにダイヤル通話が途切れる…うちの店の中だと無料通話アプリもダメ。

データ通信も感度が悪いように感じる…。

 

とはいえ返品、交換の期限はとうに過ぎてる…

仮に期限内に申し出ても通話できないワケではないので、

「壊れてない」と突っぱねられてしまうのがフィリピン品質。

 

ここで浮上してくるiPhone6の「ニセモノ」疑惑。

そう、フィリピンには密造された「ニセモノiPhone」が出回っていると聞いたことがあります。

 

とりあえず簡単にできる範囲でニセモノなのかどうか検証してみました。

 

Apple IDログイン

普通にログインできています。

コレが出来ている時点でニセモノじゃ無いような気がします…

 

が、そのあたりをかいくぐっでとグインできるようにした密造品ってコトでしょうか?

うーむ、疑い出すとキリがない…。

 

重量

「なんかこのiPhone軽すぎる気がする…」と奥様。

いわくが付いてしまうと何でも怪しくなっちゃうもんです…。

 

一応、重さ計ってみました。

AppleのHPによるとipone6の重量は129グラム。

はかりに乗せると133グラム。軽すぎというコトはない。

はかり自体の誤差範囲が±3グラムあるので、130グラムならほぼ公称値通り。

逆の誤差範囲136グラムだったとすれば、公称値との差7グラム。

シロウト的には判断付かず…。

 

IMEI情報をチェック

インターネットサイト見ながらチェック。

詳細は省きますがニセモノや盗品かどうかのチェックがある程度できるようです。

参考記事:フィリピンでSIMフリー中古スマホを買う方法(外部サイト)

 

結果としてはIMEIからニセモノと断定できるような情報は得られませんでした。

 

疑惑のiPhone6判定結果(シロウト判断)

上記3つの結果からシロウトの判断としてはほぼシロ。

でも1度アヤが付いたものはシロではなく、限りなくシロに近いグレーなんです。

 

ブランドや思い込み、風評含めたウワサ大好きのフィリピン人奥様。

彼女の「ニセモノ」疑惑を拭う事はできません…。

 

そもそもニセモノか否かの前に、現状で調子が悪いのだから何とかしないといけません。

 

しょうがなくまたまた購入。今度はiPhone7

 

買い替えてあげたいけどまたフィリピンで中古を買えば同じ疑惑を残す可能性大。

かといってiPhoneは安くない…。

 

疑惑付きのまま調子の悪いiPhone6を使い続けること数か月。

手をこまねいていた折、私の兄がiPhoneを買い替えた(7⇒x)。

 

てわけで、日本に行った際におさがりのSIMロック解除したiPhone7をGET。

この頃iPhone7は中古がまだまだ高値で売られていたので兄に2万円お支払い。

iPhone7に乗り換えた結果…

これでサクサク快適に…とはいかなかった。

なぜかiPhone7でも通話が途切れる症状が改善しない。

 

なぜ?ほかに原因は…?

とりあえずSIMを他のSIM(同じGlobe社)に入れ替えてみたらなんと直っちゃった…

 

ダメなのがSIM自体なのか回線(電話番号)なのかは分かりませんが、

SIM交換で直ってしまうとは…(;´Д`)痛恨のミス。

 

こーなると買い替え前のiPhone6も問題なかったということに…。

iPhone6にも他のSIMを試してガッテン。やっぱり原因はSIM。

 

まだ使えるiPhoneを持て余す結果に…。

 

さらにとどめ!故障していたiPhoneSEの顛末。

 

電源が入らなくなってしまったうえ、修理屋にサジを投げられてしまったiPhone SE。

捨てられなくてずっと持ってました。

 

中古のiPhoneと共にApple純正の充電ケーブルを入手(フィリピンで純正ケーブル買うと高い…)したのを機に自分で修理にトライ。

ネットで調べてサイトの指示のままに…

参考記事:iPhoneの電源が入らない、起動しない時の4つの対処法を解説!(外部サイト)
およびApple HP

 

電源OFFのままソフトウェアアップデートを失敗しつつ繰り返すこと4回。

さらにapple IDとパスワードを当てずっぽうで探し当て、(ここは奥様の夫である私のみ成せるワザw)

 

さらにアクティベーションロックの解除とやってる本人も何がなんだか分からない過程を経て…iPhone復活🎵

しかしすでに買い替えちゃったしな…今更直っちゃった感…( 一一)

 

参考:iPhoneは高いけど1番修理が効くと思われる

先述しましたがフィリピンは町のいたるところにスマホの修理屋があります。

多い修理は割れた液晶画面の交換とバッテリー交換でしょうか?

 

液晶の交換はさまざまな機種に対応してくれますが、バッテリー交換は一部の機種は対応できません。

調べてみると特にiPhoneは出回る数が多いだけに様々な部品が流通しています。

 

液晶やバッテリーはもちろん、ドックコネクタや外周のスイッチ類の部品も交換が可能なようです。

パーツは日本のAmazonでも購入可能。作業要領はYouTubeで検索すると動画で見ることができます。

 

ご自分でやってみるのもアリかも?

下記は日本のAmazonで売ってる部品の1例。

 

 

…ここまでの経緯で家に余りまくってしまったスマートフォン。どう使うか?

 

私と奥様で2回づつ買い替えを繰り返した結果、

  • ニセモノ疑惑で買い替えたが結局問題なさそうなiPhone6
  • 数か月の時を経て復活してしまったiPhoneSE
  • イマイチだけどスペアとして保有しているGalaxy J2prime

 

使えるスマホが合計3台も余ってしまった…。

 

もったいないので私もiPhoneデビューしてみました。

最近買い換えてしまったのでXperia XZと2台持ち。

普段のちょっとした外出時は短パンのポケットでも邪魔にならないコンパクトなiPhone SE。

画面がデカいXperia XZは動画を見たり、外出時の仕事用(PCの代わりとして)に使い勝手が良い。

かなり快適な環境になりました。

 

SIMは常時iPhoneに挿して、Xperiaで使うときはテザリング(インターネット共有)。

こうすれば余計な通信料掛かりません。

 

Galaxy J2primeとiPhone6は…スペアですな。

そのうちお店でロード販売用にするとか、使い道は出てくるでしょう…。

 

ここまでにかかった費用まとめ

 

移住後に購入した計4台にかかった費用

  • galaxy J2prime  6000ペソ(約12600円)
  • Xperia XZ    23639円
  • iPhone6中古品  6000ペソ(約12600円)
  • iPhone7中古品  20000円

合計        約68839円

 

反省としてはiPhone SEの修理が故障時に行えていればiPhone6と7の購入は不要だったというか論外だったワケで、約半分の費用は抑えられたという事。

 

前向きに捉えると

  • 奥様はiPhone7に乗り換え
  • 私は若干新しいモデルのXperia(新品)に買い替え、更に携帯に便利なiPhone SEを入手。
  • 更に私にとっては今後の買い替えのためのベンキョー代として見るコトもできる?

 

上記を踏まえれば2年間で2人分のスマホ買い替え、、妥当な金額ともいえるかも?

日本で最新機種を1台買うのと同じくらいと考えれば、こんなもんかな?という私見。

 

 

日本のAndroidスマホ、フィリピンのAndroidスマホ、iPhoneの長所・短所

 

フィリピンで生活している私からの視点でポイントを挙げてみました。

 

在住者目線だとアンドロイドスマホは日本で買うか、フィリピンで買うかによって後々に差が出てきます。

価格は日本のSIMフリーAndroidもフィリピンのAndroidも大差ないと思います。

 

日本及び海外版のAndroid

日本ないし海外版を買うポイントの一つは「情報量」。

日本語サイトで基本仕様はもちろん、レビューなどを詳細にチェックすることができます。

 

私みたいにスペックと価格のバランス(お買い得感)や使い勝手にこだわる人は選びやすいかも。

 

但し日本メーカー(フィリピン未発売)のスマホを買う方は気を付けたい。

液晶フィルムや本体カバーなどの専用アクセサリーがフィリピン国内で入手困難になります。

 

修理する際の部品の入手もフィリピン国内では難しいかもしれません(詳細は未確認です)。

 

フィリピンに永住するのであればファーウエイやOppo、SAMSUNGなどのフィリピンでも普及しているモデル(ないし外形の同じ同等品)を検討するのが後々良いかもしれません。

 

フィリピンのAndroid

先述の専用アクセサリーや部品がフィリピン国内で手に入るので、永住者にとってはポイント。

英語が苦手な方は必ず日本語対応の確認を忘れずに。

 

iPhone

iPhoneは日本でSIMフリー版を購入してもフィリピンで購入してもほぼ同じ。

価格は日本の方がチョットだけ安いかも。時期や為替にもよると思います。

 

iPhoneは専用アクセサリーや内部部品がフィリピンでもたくさん流通していて、修理を繰り返して長く使えると思います。

 

その証拠にフィリピンではiPhone5や5sなどの日本ではあまり見かけなくなったモデルを大事に使っている人を見かけます。

 

但し「iPhoneは高い」というイメージが定着しているので、比較的新しいモデルは盗難に特に注意が必要かもしれません。

 

ニセモノや盗品が出回っているので、中古品を購入時には必ずチェック。

 


イミグレーション前でiPhoneを一つだけ持って売り歩くオヤジ。明らかにアヤシイ…

盗品ではなかろうか…?(これは買ってませんw)

 

詳細は上記参考サイト(外部サイト)をご覧ください。

最低限、ご自身のApple IDでログインができるかどうかは要チェックです。

 

オマケ フィリピンの「テンパードグラス」は丈夫で長持ち。


パレンケ(市場)の露店のテンパードグラス。店の兄ちゃんがキレイに張り替えてくれる。

 

スマホの液晶に貼る「液晶カバーフィルム」。

フィリピンでも同じように「テンパードグラス」という名前で売られています。

 

日本のフィルムのような「のぞき見防止」とか「指紋が付かない」とかの多機能性は一切ありません。

そのかわり下記のような特徴があります。(個人の感想です。)

 

擦り傷に強い

とにかく「擦り傷に強い」。

 

私は普段、スマホをポケットに入れているためか日本のフィルムは半年ほど経つと薄い擦り傷で曇ってきます。

フィリピンの「テンパードグラス」は1年経っても大丈夫。

 

厚みがある

テンパードグラスの名前通り、ブ厚いのです。

フィルムというよりはプラ板に近い。

 

ブ厚いことにより、液晶を「守ってる」感がハンパないです。

ちなみに厚みがあってもタッチパネルはちゃんと反応します。

 

安い

お値段は100ペソ(200円)前後。

日本では100均でも売っているようですが、耐久性を考えるとテンパードグラスは2倍以上タフだと思います(個人の感想)。

さらにフィリピンの方が対応機種のバリエーションが豊富。

 

フィルム(グラス)はいいけどスマホケースはイマイチ

 

本体カバーやテンパードグラスなどのスマホアクセサリは日本よりフィリピンが安いです。

但し本体カバーに関しては安いなりです。クオリティーはイマイチ。

 


買って10日で壊れたiPhone7のカバー。

買うなら壊れにくそうなシンプルな形状がベター。

 

テンパードグラスは日本でiPhoneを使ってる人などにオススメです。

 

全体まとめ

 

フィリピンだと日本の様に「キャリア縛り」とか「長期保証」とかで購入する選択肢が無くてシンプルです。

半面、所得水準が低いので「中古」や「修理」といった選択肢が幅広く存在します。

 

フィリピンで生活しているので「フィリピン流」に寄せていきたいのですが、私も奥様も「ヘンな拘り」があるのでゴチャゴチャとやってみた次第です。

 

個人的な感想としては今後の買い替えの為の良い勉強になりました。

 

一部「オススメ」とか書きましたが、皆さんに「こうすべきだ」と示すコトはありません。

この記事(私の経験)があなたの判断の一つの参考になれば幸いです。

 

フィリピンのSIMの【扱い方】について知りたい人はこの下の[keikou]「フィリピンモバイル通信虎の巻E-book」[/keikou]のページもご覧ください。


 

データ通信料1/10!?フィリピン人より詳しい

『フィリピンモバイル通信虎の巻E-book』

フィリピンで格安でインターネットするには?

著者がフィリピンで極めた現地モバイルデータ通信の知識を凝縮!

これ1冊でSIM、ロード、プロモ…プリペイドSIMのすべてがわかる!

もう高額の海外ローミングは不要!

ご登録頂いた方にもう一つの便利情報をプレゼント!
詳しくは登録後にご案内します。

この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら
関連コンテンツ



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© フィリピン起業日記2 , 2019 All Rights Reserved.