民泊サービス 好評です。

~フィリピンで生活しながらビジネス~

アパートを開業した時の話~開業前の行事『Blessing』~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔(Daisuke Murata)
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

一昨年前にアパート開業する前の出来事。

アパートの建物が出来上がり、開業を目前にしてお清めの儀式を
した時のお話です。

 

フィリピンはカトリックの国なので日本でいうところの『お清め』
的な行事が『Blessing』になります。

 

Blessingて何?と言われると宗教行事みたいで良くわかりませーん❗❗
神父さんが祝福?して部屋の中に聖水?撒いてあとは飲んで食っての宴です。

 

とりあえず写真をたくさん撮ったので
ご覧ください。

 

掃除したり美容室行ったり準備が大変でしたが、遠くから親戚が来たりして

かなり盛大でした。ま、商売上の行事ですので派手にいきましょう。

美容室に付き添い。
私は何もしないけど

この三人が特にキメキメでした

神父さんが祝福?してんのかな?

宴の会場を設置

ケータリングにお願いしました

豚のレチョン(丸焼き)です。
お祝い事ってゆうとよく皆で食べます。

けっこうなごちそうでした。フィリピンのパーティは

このようなビュッフェスタイルが基本です。


集まった人のほとんどが親戚❕❗
あとは入居者とか施工業者とか。

 

こちらは入居者とその家族

宴は夜まで続きます。言葉も通じず接待。
(挨拶して飲む❗これだけ)
日本だと上棟式とかそんな感じかな?


 

データ通信料1/10!?フィリピン人より詳しい

『フィリピンモバイル通信虎の巻E-book』

フィリピンで格安でインターネットするには?

著者がフィリピンで極めた現地モバイルデータ通信の知識を凝縮!

これ1冊でSIM、ロード、プロモ…プリペイドSIMのすべてがわかる!

もう高額の海外ローミングは不要!

ご登録頂いた方にもう一つの便利情報をプレゼント!
詳しくは登録後にご案内します。

この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔(Daisuke Murata)
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら
関連コンテンツ



Copyright© フィリピン起業日記2 , 2018 All Rights Reserved.