民泊サービス 好評です。

~フィリピンで生活しながらビジネス~

Facebookグループの使い方!活用でフィリピン人脈・情報量10倍【移住者必携】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔(Daisuke Murata)
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

 

今回はフィリピンの情報収集と人脈構築のお話。

フィリピンで情報収集と言えばFacebook。

 

その中でも特に活用をオススメするのが

【フィリピン関連のFacebookグループ】。

 

カンタンにどういうモノかというと、

Facebook上で日本人がフィリピンに関する情報交換をしているグループ。

 

フィリピンのコトが知りたいなら、参加しないテはありません。

 

ということでワタシがかなりヘビーに活用させてもらっている

『Facebookグループ』についてできるだけわかりやすく解説します。

 

本記事は前後編の2本立て。

前編では「フィリピンならゼッタイにFacebook」である理由

後編では初心者からベテランまでの「Facebookグループ」の注意点について解説します。




フィリピン行くならFacebook。その理由

 

Facebookグループの話の前に、フィリピン人がFacebook好きな理由を考察しました。

『理由はどうでも良い』という方は飛ばし読み推奨です。

 

理由その① フィリピン人はFacebookで情報収集をする傾向がある

 

これはワタシの感覚というか偏見ですが、多くのフィリピン人はインターネット(Web)=Facebook(SNS)だと思っていますw。

何が言いたいのかというとFacebookの利用率の高さがハンパでは無いと言うコト。

 

フィリピンはFacebookなどのSNSの利用率が世界第一位。

引用:Dejima

 

ニュースなどの情報、調べもの、探し物ほか、なんでもFacebookを使います。

ワタシのアパートの賃貸情報はFacebookのみで公開しています。

 

なぜGoogle検索やインターネットブラウザを使わずにFacebookなのでしょう?

以下のような理由が考えられます。

 

ネット情報の質が悪い(古い情報が多い)

日本と比べるとフィリピンではインターネット上の情報がかなりアテになりません。

それは、フィリピンのネット情報があまり「更新」されないからです。

 

フィリピン人は「メンテナンス」や「整理」がニガテ。

これは情報においても同じコトが言えるようです。

 

ブログ記事やいわゆるホームページなど、インターネットで見る情報は「ストック型」と言われていて、情報がずっと残ります。

検索エンジンなどで検索されれば古くなってもその後ずーっと見ることができる情報です。

 

ずっと残る情報なので、古くなった情報は「更新」していかないと「古い情報」となり質が落ちます。

 

対するFacebookの情報は「フロー型」と言いいます。

古い情報はどんどんタイムラインの下の方へ押しやられて、後から見られることがほとんど無くなっていきます。

 

そんなわけでフィリピン人にはメンテされない古い情報がゴロゴロしているインターネットより、

古い情報が勝手に消えて行ってしまうFacebookの方が向いていると考えられます。

フィリピン人の国民性。【自己主張】と【口コミ好き】

Facebookを始める時はアカウントが必要になります。

アカウント作成時に自身のプロフィールや画像を入れてから情報収集、交換をするワケです。

 

匿名性を好む日本人と違って自己主張の強いフィリピン人。

ネットの世界でも自己をさらけ出してコミュニケ―ションするスタイルが好まれるようです。

 

情報の信ぴょう性より情報提供者、あるいはシェアする「人」を見る傾向が強い。

そして無類のウワサ好き。「チスミス(口コミ、噂話の意)」=シェアと考えればよりシンプルw。

 

理由その② フィリピンではSNS=Facebook。

もうこれはぶっちぎりで圧倒的シェア。

 

日本のSNS市場みたいに

  • Facebook
  • ツイッター
  • Line

みたいにSNSが乱立していないのです。

Facebook以外はごく少数派。

 

フィリピンではお子さんからお年寄りまで、み~んなFacebookなのです。

先述の通り匿名性が低い、つまり「自分アピール度」が高いFacebookがフィリピン人ウケしてるのでしょう。

 

フィリピンFacebookグループは
【日本人の日本語による日本人のためのフィリピン情報源】

 

ココまでは「フィリピン人がFacebookを多用する理由」を挙げました。

次にフィリピンの情報収集に「Facebookグループの活用がオススメな理由」です。

 

日本語でフィリピンの情報をアウトプットできる次のような人たち

  • フィリピン人と交友、あるいはゆかりを持つ日本人
  • フィリピンに在住の日本人
  • 日本語で情報発信できるフィリピン人やそのハーフなど

 

フィリピンの情報交換に日本語を使う彼等の中に『Facebookグループのヘビーユーザー』がとても多いんです。(ムラタ調べ)

 

日本語でフィリピンの情報をゲットしようと思ったら最強ツールかも。

 

ワタシはFacebookグループを駆使して、日本とフィリピン全土から情報を収集&フィードバック。

フィリピン国内に在住の日本人だけでも100人を超える人脈(ネット上、リアルの友達を含む)を2年足らずで構築しました。

Facebookグループとは?

 

基本的なお話から書いておきます。

Facebookグループとは、Facebookユーザーの中である特定の人たちで交流できる機能です。

グループ内の「友達以外の人」と交流ができるのが特徴です。

 

ある特定の人たちとは、例えば

  • 同じ趣味を持つ人たちのグループ
  • ある学校の卒業生のグループ
  • ある地域に住む人のグループ
  • あるアーティストのファンクラブ的なグループ

などなど。

実際には様々なグループが存在します。

 

そのグループにあなたが加わることで、

  • グループに投稿された情報をあなたのタイムラインで見たり
  • その情報に対し「いいね!」や「コメント」ができたり
  • あなた自身がグループに投稿したり
  • 上記のやり取りからグループ内の人と友達になったり

することができます。

 

また、あなたが知りたいコトを質問の内容でグループに投稿すればコメントでその答えを送ってくれる人もいます。

「フィリピンに関心がある」という共通の価値観があるため、メンバーに親近感を感じる人が多いでしょう。

 

ワタシは現在、フィリピン関連のFacebookグループだけで10グループほど参加しています。

  • グループの方に質問したり
  • ワタシの日常生活やフィリピンの現地情報を発信したり
  • グループのメンバーと交友したり
  • ワタシのブログやYouTube動画をシェアしたり

 

と、ほぼ毎日投稿しています。

情報発信(投稿)を繰り返しメンバーにワタシを覚えてもらうことでグループ内からのお友達が増えました。

 

Facebookグループ超入門! 初歩の具体的な操作を解説

 

Facebookグループを初めて扱う方のために解説します。

投稿やコメントの仕方は普通のタイムラインと同じなので省略します。

 

グループを探す方法

 

フェイスブックの検索バーに「フィリピン」と入力して検索する。

関連のグループの一覧が表示されます。

「団体」のタブをクリック

 

各グループの欄をクリックするとグループの概要と詳細が表示されます。

参加するグループの説明文とグループのルールを必ず読みましょう

 

※フェイスブック上以外でも
検索エンジンに「Facebookグループ フィリピン」と入力・検索しても出てきます。

 

グループのメンバーになる方法

グループ詳細の欄に『参加する』ボタンがあるのでクリック。

その場でメンバーになれるグループと

質問回答などの審査があり、あとから承認あるいは却下の結果が来るグループがあります。

 

メンバーになったグループのタイムラインを見る方法

 

PCの場合

  1. ホーム画面から下記マークをタップ
  2. 「グループを探す」または「参加しているグループ」をクリック
  3. 見たいグループを選んでクリック。

 

スマホ(androidアプリ)の場合

  1. ホーム画面からグループのアイコンをタップ
  2. 見たいグループを選んでタップ

 

まとめ

 

前編ではおもに

  • Facebookの需要と必要性
  • 初歩的な使い方

について説明しました。

 

次回後編ではFacebookグループを活用していくと感じる諸問題

  • 知っていそうで知らない人が多いFacebookグループのルール
  • 投稿者、コメント送信者が陥りやすいミス
  • トラブル解決方法

について解説します。

また、前後編の内容をまとめたYouTube動画リンクを後編の最後に貼り付けてあります。

 


 

データ通信料1/10!?フィリピン人より詳しい

『フィリピンモバイル通信虎の巻E-book』

フィリピンで格安でインターネットするには?

著者がフィリピンで極めた現地モバイルデータ通信の知識を凝縮!

これ1冊でSIM、ロード、プロモ…プリペイドSIMのすべてがわかる!

もう高額の海外ローミングは不要!

ご登録頂いた方にもう一つの便利情報をプレゼント!
詳しくは登録後にご案内します。

この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔(Daisuke Murata)
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら
関連コンテンツ



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© フィリピン起業日記2 , 2020 All Rights Reserved.