~フィリピンで生活しながらビジネス~

自宅で溶接の練習。フィリピンの電源と日本の200V溶接機

 




この記事を書いている人 - WRITER -
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください
詳しいプロフィールはこちら

溶接の練習作業その①~台車の補修作業~

ビールケース運ぶキャリアを叔母さんちから拝借したんですが、錆び錆びのボロボロ…

サビサビ…フレームと鉄板の接合部が腐食で無くなってます(*_*)

これじゃあ使えませんな…(*_*)

 

溶接は得意ではないがダメ元でチャレンジ。

廃材を買ってきて溶接で補強します。

まずは錆取り。ワイヤーホイールやグラインダーで

磨き落としていきます。意外とこの作業が大変( ;∀;)

こんな格好で作業しました。MITSUBISHIツナギ (笑)

錆取りの時にダストが飛びまくるのでマスクとメガネ👓。

フィリピンは電源が200ボルトなので、日本から持ってきてあった工場仕様(200v)の溶接機が家庭の電源でそのまま使えます。


今のところブレーカーは落ちないので、休み休み使ってれば大丈夫かな?

溶接が終わって、塗装中。

底部は鉄の延べ板を足して溶接してあります。

エポキシ系の塗料を塗って、

完成!

ビール4ケースも余裕で運べます(*´з`)

仕上がりはイマイチですが強度は出ました。

当分の間使わせて頂きます😁

錆び取る作業が一番大変でした(*_*)

 

溶接の練習作業その②~わんこのゲージ~

勢いがついたのでさらに挑戦。

庭で放し飼い状態のわんこのJJ。時々悪さするのでお仕置き部屋の製作。

廃材屋でL字アングルを買ってきて、溶接でフレーム製作。

金網を買ってきて張りました。

流しの下に丁度良いスペースがあったので作ってみました。

時々お仕置きで閉じ込めてます(笑)

 

溶接の練習作業その③~バイス(万力)台~

だんだんと難易度を上げていきます。

先に完成図。バイス(万力)を固定するフレームの製作です。

わんこのゲージと同じくL字アングルを使用します。

複雑な構造物になると、溶接した時にでる『歪み』

のせいで水平や直角が思うように出せず苦戦します。

なかなか思った寸法が出せず、何度も溶接を剥がしては再溶接しました。

削り作業中。

壁にアンカー打ってとめてます。

フィリピンの建物は大抵コンクリートなので固定はばっちり😃✌

まとめ

正直、どれも納得に行く仕上がりにはなりませんでした。

特に立体物を寸法通りに作るのは難しい…

経験値と正しい作業手順ってのが必要ですな。

フィリピンに来ていまさらこんな事を勉強しようにも、

タガログ語をマスターしないことには人からは学べません。

しばらくは独学で…(;^ω^)

 


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© フィリピン起業日記2 , 2018 All Rights Reserved.