~フィリピンで生活しながらビジネス~

フィリピンのパーティ【ブードルファイト】【ブレッシング】とそのお作法

2019/01/19
 




この記事を書いている人 - WRITER -
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください
詳しいプロフィールはこちら

 

フィリピンで自適(家事と奥様のパシリとブログの日々)な生活を始めて1年が過ぎた…

この1年の間で最も多かったイベントが宴会。

 

名目は誕生日、親戚の祝い事、その他もろもろ、

 

相手はご近所、友人、取引先、親戚、その他。

 

平均しても週に1回以上あったと思います。

週一パーティ(;・∀・)

 

『パリピかい!』と思われるかもしれませんが、誘われるままに参加しただけです。

別に私はパーリーピーポーとかではございません。

 

おそらくフィリピンではごく普通のペース(;・∀・)

その中から記憶に残っていたパーティ2つご紹介。

 

あとパーティに招かれた時の『お作法』にも触れています。

 

アパートの税理士の孫の1歳の誕生日パーティー ~不法占拠も何のその~

 

アパートの税理士って…こんな所からもお誘いが来ちゃいます(;^ω^)

 

というのもフィリピンでは子供の1歳の誕生日はとにかく派手なのです。

ちょうど1歳で洗礼(クリスチャンの宗教行事)を受ける子が多いので、ついでに派手にお祝い。

テント🎪をレンタルして昼から料理を振る舞い、男連中は酒盛りです。


隣近所、知人、親戚etc……
表現が適切ではないですが、日本でいうとお通夜位の規模感覚と思われます(^_^;)

 

しかも驚きなのが、この会場を設営してるのは路上。

道路を完全に占拠して行ってます。

 

自転車すら通行不可。( ゚Д゚)

徒歩でも会場内をギリギリで通過します。

 

写真に移ってる壁は主催者宅のお向いさんの壁です…テントを向かい側に寄せて設営したわけではありません。

 

ということは、つまり道路の端から端まで完全に占拠してるってことです。(笑)

 

ご近所は文句言わないんですね(・・;)冠婚葬祭だとこんな感じが普通みたいです……

よそで前に招かれた時もこうでした😆

 

外は雨でしたが大盛況でした。

しかし主賓は1才。本人はなんのこっちゃでしょうね?

 

奥様の故郷で同級生たちとパーティー。フィリピン伝統の食事スタイル『ブードルファイト』

 

帰省した時は奥様の仲良し同級生たちとたびたびパーティーになるんですが、この時はフィリピンの伝統的食事スタイルでの食事でした。

テーブルの上にはバナナの葉っぱが敷き詰められ、その上にごはんやら料理やらが並べられています。

古来フィリピンではバナナの葉がお皿の代わりだったそうな。

 

みんな一斉に食べ始めました。手づかみで食べます。これもフィリピンスタイル。

 

私は手づかみで食べるの下手なので、床が散らかります(笑)

 

食べ終わると、ご覧のようにテーブルも散らかります。(笑)

 

しかし心配ご無用。寄せて集めて…

 

みんな持ち帰ります。田舎の人たちなので食べ物を無駄にしません。

 

この食事スタイル、『ブードルファイト』というらしいです。

食べる時も『食べなさい』じゃなくて『戦え(Fight!)』って言われました。

 

パーティに招かれた時のお作法

 

先述しましたが、とにかくパーティが多い理由の一つとして

『だれかれ構わず招く』という習慣みたいです。私が担当税理士に招かれてしまうくらいです。

 

『縁が遠かろうが近かろうが、とにかく人を集めてふるまう』というのが習慣というか、ステータスなんですかね?

社会的ステータスが高い、またはお金持ちほどその規模が巨大になります。

 

日本人であれば招かれると『お祝い』やら『お土産』やらを気にしてしまう所ですが、お作法的には

『何も持っていかなくてもよい』みたいです。

 

特に親しい友人や縁の近い親戚などであれば話は別ですが、遠縁からのお誘いの場合は基本、手ぶらでOK。

個人の見解ですが、どうやら周りを見ていても同じみたいです。(地域によるかもしれませんが)

 

あと、ホテルやホールなどで行うパーティでもない限り、ドレスコードは気にしなくて大丈夫。

清潔な格好であれば問題ありません。

 

しかし屋外でパーティを行うことが多いので、虫よけスプレーや長ズボンなどの蚊よけ対策はしっかり行いましょう。

参考記事

フィリピンの蚊の特徴と蚊よけ対策2選!【デング熱経験者語る】

 

まとめ

 

なかなかすべてはご紹介しきれませんが、フィリピンのパーティのご紹介の記事は

第2弾第3弾……が続きそうですね。お楽しみに!


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© フィリピン起業日記2 , 2018 All Rights Reserved.