民泊サービス 好評です。

~フィリピンで生活しながらビジネス~

移住失敗!?移住者の私がフィリピン移住をオススメしない6つの理由 後編

 
この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔(Daisuke Murata)
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

前回の前編ではフィリピン移住をオススメしない理由を3つ挙げました。

 

後編ではフィリピンでの「人」を取り巻く環境と「ビザ(在留資格)」に関する、「オススメしない」理由を挙げます。




人と人とのつながりがうっとうしい


コレ全部奥様の親戚です。みんな老若男女問わず、ずーっとしゃべってますw

 

とにかくフィリピン人は人なつっこい。

 

普段から近所、家族とひしめき合って生活してるフィリピン人。

日本と比べると人と人との距離がとても短く、身近なのです。

 

オマケに基本がおしゃべり好き。

彼ら常に周りとコミュニケーションし続けています(せざるを得ない)。

 

これは身近な人に限りません。

コミュニケーションの達人とも言えるフィリピン人。

知らない人と会話することにも全く抵抗が無いのです。

 

そして珍しいモノ好き。

相手が外国人となればなおさらです。

ものおじもせず、フィリピン人たちは積極的に向かってきてあなたをイジり倒すでしょう。

 

コミュニケ―ションのニガテな日本人でもコミュニケーションしないわけにはいきません。

相手が積極的過ぎて、私なんか現地語一切喋れないのにご近所はトモダチだらけ。

 


初めてフィリピンに来て1か月弱の滞在でトモダチだらけになってしまった私の後輩T氏。

 

こうったコミュニケーションに慣れない日本人にはうっとうしいですよね?

だからフィリピン移住はオススメしません。

 

意外と日本人が多い

 

フィリピンには16000人を超える日本人が住んでいます。(2018年時点)

在外邦人数としては世界17位。

 

さらに上記の統計に入っていない日本人も多く住んでいると聞きます。

 

外国なのに日本人だらけ。

特に大都市のマニラ、セブ、ダバオあたりだとフツーに日本人に遭遇してしまいます。

 

たまに海外なのに知らない日本人から声を掛けられたりします。

よくよく聞いたらブログ読者の方でしたw。

 

日本人同士の付き合いがあればフィリピンでの情報交換したり、

お互いにカルチャーショックを理解し合い、共感することができます。

 

でもハッキリ言って海外移住してまで日本人と付き合いたくないですよね?

だからフィリピン移住はオススメしません。


これらの写真は全てフィリピン。女性と子供を除くと全て日本人です。日本人だらけ。

 

ビザの取得が容易?いやいや実際はそんなことはありません。

 

フィリピンやマレーシアなどの国は「永住ビザの取得が比較的容易」という事で知られています。

 

確かに諸外国よりビザ取得に掛かる費用などのハードルが低い。

しかし実際にはフィリピン特有の「難しさ」があります。

 

フィリピンの永住ビザの中で最もアドバンテージが高い「クオータビザ」と呼ばれるビザがあります。

一昔前と違い、現在は取得がかなり難しくなっているようです。

取得を断念した人の話をブログやSNS上で見かけます。

 

取得手続きを代行してくれるエージェントに依頼しても取得諸費用の他に手数料等で300~400万円掛かるという話や、そのほかにも詐欺まがいのエージェントも多いと聞きます。

 

このビザは発給の要件や発給数がとても「あいまい」なのです。

役所のルールや方針がコロコロ変わるフィリピン。

 

私も過去、このビザの取得に関する情報を聞いたり集めたりしました。

しかし得た情報が正確なのかどうか、また正確な情報がどこにあるのかが分からず断念しました。

 

もしビザ取得を検討するなら、退職者ビザなどの比較的取得しやすいビザ、

投資家の方や若い方は特別投資ビザの取得をオススメします。

 

詳しく知りたい方は下のリンクからどうぞ。

 

「ビザが容易に取得できる」かもしれないけど情報が「あいまい」。

 

高いハードルを覚悟して自分で挑むか、信頼できる代行業者を見つけるしかない。

しかも代行業者に依頼する時にはパスポートを預ける場合も…

 

だからフィリピン移住はオススメしません。

 

同じような内容ですが語って動画にしました

 

まとめ 最後に

 

フィリピン移住は本当にオススメしません。

しかし『それでも移住したい』という(私のように)人の言う事を聞かないあなた。

この記事を見て『移住してみたい』と思っちゃったひねくれ者のあなた。

 

そんな人は私がフィリピンのネガティブをひたすら書きつづったこのブログ『フィリピン起業日記2』を読んでもっとフィリピンの事をキライになるか、

 

実際に『移住を体験』することで実感されるコトをオススメします。

 

あとはもう自己責任で。w。

 


 

データ通信料1/10!?フィリピン人より詳しい

『フィリピンモバイル通信虎の巻E-book』

フィリピンで格安でインターネットするには?

著者がフィリピンで極めた現地モバイルデータ通信の知識を凝縮!

これ1冊でSIM、ロード、プロモ…プリペイドSIMのすべてがわかる!

もう高額の海外ローミングは不要!

ご登録頂いた方にもう一つの便利情報をプレゼント!
詳しくは登録後にご案内します。

この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔(Daisuke Murata)
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら
関連コンテンツ



Comment

  1. アバター Toko より:

    人とのつながり
    アンヘレスではごく少数の日本人の方としか付き合いがありませんが、日本より親密な関係が作れていると思います。日本では隣の家とは挨拶する程度の関係でしたが、こちらではコンドミニアムの有志で定期的に飲みに行ったり情報交換をして楽しくお付き合いしています。ただし、お互いの生活には干渉しないように注意はしています。また、フィリピン人家族とも親しくなりファミリーの一員として仲間に入れてもらっていますが、金銭などの要求は一切なく日本では味わえない体験をしています。

    ビザ
    周りにはリタイアメントVISAを取得している方もいますが、私は定期的(3ヶ月程度)に日本に戻っているので観光ビザですが特に問題はありません。クレジットカードの海外旅行保険が90日なのが大きな理由です。

  2. kokiさん

    すべて「逆説」で捉えていただきたかったのですが(笑)。

    書いたことがそのままストレートに受け取られてしまってますね…。
    (他方でのコメントやお問い合わせも同様でした)

    文章力に反省…。

    わざわざひねくれた書き方をしたのは、多くのアクセスを集めるための手法のひとつです。

    • アバター Koki より:

      わざわざひねくれた書き方をされているのは承知していますよ。
      商売でブログをされている以上それは必須事項ですからね。
      元々大阪人で「イラチ」の私は最近フィリピンでの生活にストレス過多になりがちなので、現在香港に避難していますwww

  3. アバター Koki より:

    前編、後編拝見しました。
    概ね同意ですが…海外での日本人と接触に関しては「?」です。
    嫌なら自ら接触しない選択をすれば済む話です。
    私は香港での18年も仕事以外のプライベートで日本人と接触することはあまりありませんでした。
    元々村作って群れるのが嫌いなこともありますが、言葉覚えて現地人と親しくなる方が見識と地場のコネが強まるので重宝します。

Koki へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© フィリピン起業日記2 , 2020 All Rights Reserved.