民泊サービス 好評です。

~フィリピンで生活しながらビジネス~

2020年フィリピン入国ルールと捨てチケットまとめ【片道渡航の人必見】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔(Daisuke Murata)
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

 

フィリピンに移住あるいは長期滞在などでビザなし(ツーリストビザ)で片道渡航する際、渡航前に必ず準備しないといけないことがあります。

 

ここを押さえておかないと空港でチェックインできずに余計な出費をするハメに…。

今回はその【あるルール】とその対策方法についてご紹介します。

 

詳細ルールとそれを知るに至る経緯を書いてます。

フィリピン『捨てチケット』の買い方は下記の記事で解説しています。




片道チケットではフィリピンに行けない!?フィリピン入国時のルール!知らなかったワタシはこんな目に…。

 

フィリピンにはこんなめんどくさいルールがあります。↓

 

「ビザの無い人(ツーリスト)は帰国用の航空券(または第3国へ出国できる航空券)を事前に持ってないと入国できない」

 

……たぶん、不法滞在への対策なんでしょうね。

 

チェックが入るのは、フィリピンへ向かう航空便のチェックインカウンター。

つまり日本の空港を発つとき。

フィリピン行きの飛行機のチェックイン時にモメた!私の経験談

 

私は2017年にフィリピンに引っ越しました。

となると、飛行機のチケットは片道になります。

 

私はジェットスターをネット予約しました。

ツーリストの入国ルールについて事前のアナウンスはありませんでした。

 

初めて言われたのはチェックイン時のカウンター。

 

「帰国のチケットがないとチェックインできません。」

受付スタッフ

 

ワタシ (;゚Д゚)ガクブルなんすかそれ……聞いてないし。

 

「とりあえず、今からでも帰りのチケット取ってください。
カウンターよりネットで買う方が安いですよ。」
受付スタッフ

 

ですって。正直なところかなりイラッときました。

ココで言うか?

 

ジェトスターの予約サイトはちょくちょくエラーが出て予約が非常に面倒です。

  • クレジット決済がエラーしたり
  • あと成田第3ターミナルのwi-fiすげー遅いし…(当時)

 

ワタシ 事前に言っといてよ!イライラ…

 

ほかの乗客は次々チェックインを終わらせていく…。

それを横目に、私は遅いネット(成田のWi-Fi)とジェットスターの不安定なサイトにイライラ。

引っ越しなので日本の携帯は解約しちゃってるし…。

 

なんか、カウンターに一人居残るのって気分悪いんですよね…

超不機嫌で帰国の便を予約した記憶は今でも忘れません。

見せるだけで実際には搭乗しない『捨てチケット』。その気になる詳細について

 

ネットで調べたら、いろいろ書いてありましたね。

フィリピン行きの便のチェックイン時に『見せるだけ』の目的で購入(あるいは購入しない裏技も)するエアチケット。

 

見せるだけの目的で購入するので、予約はするがその便には搭乗しません。

変更・キャンセル、あるいはそのまま放置します。

 

そのため、一般に『捨てチケット』と呼ばれています。面倒なことに、

 

「ビザの無い人(ツーリスト)は帰国用の航空券(または第3国へ出国できる航空券)を事前に持ってないと入国できない」

 

というルールをクリアするだけの為にわざわざエアチケットを買わなければならないのです。

 

その後の数回の渡航経験で得られた『捨てチケット』ルールの詳細情報

ここで『捨てチケット』にかかわるルールについて、

ワタシの経験と集めた情報でまとめます。

 

ルール①ビザなし(ツーリスト)は必ず用意が必要

 

ビザなし(ツーリストビザ)でフィリピンに入国する人は全員ルール適用されます。

 

  • 渡航目的が何であろうが
  • 渡航の予定があろうがなかろうが
  • 渡航後にツーリストビザの延長を予定していようが

 

関係ありません。

政府高官でもない限り長期滞在ビザがある人を除く全員が適用されます。

 

例外はおそらくないでしょう。

それはなぜか?空港のチェックインカウンターが窓口だからです。

詳しくは後述します。

 

その②フィリピン⇒日本行きのチケットじゃなくてもOK。航空会社もバラバラで大丈夫。

 

準備しておくチケットは帰国ないし第3国へ出国するチケットです。

フィリピンのどの空港からの便でも大丈夫です。

 

フィリピン側からすれば国外へ行く前提である事が証明できれば良いワケですね。

なので日本行きより安い航空券も選択肢に入ってきます。

 

おススメは

  • マニラ⇒コタキナバル(マレーシア)
  • クラーク⇒シンガポール

など。

 

行きと帰りのチケットは別々に購入してもいいし、

異なる航空会社でも大丈夫です。

 

詳細が確認できればスマホなどで提示しても良いし、プリントアウトしたE-チケットでも可。

フィリピン行きのチェックイン時に提示できるように準備しておきましょう。

 

 

その④チケットの日付が先過ぎるのはNG

 

『捨てチケット』の便の搭乗予定日は、フィリピン入国から30日以内。

上記の30日以内というのは原則というか間違いないであろうというのがこの期限。

 

というのも、ワタシの経験やネットで調べた情報、人から聞いた情報をまとめた結果は以下の通り。

  • 半年近く先の日付でOKだったり(ワタシの経験)
  • 60日以内じゃないとダメと言われたり(ワタシの経験)
  • オープンチケット(渡航予定日を後から決められるチケット)OKだったり(SNS情報)
  • 航空会社に問い合わせたら『1年以内』ならOKと言われた人が居たり(SNS情報)
  • 帰国のチケットはノーチェックだったという人がいたり(ホントに?)

 

と、かなりまちまちです。

 

フィリピンのBI(入国管理局)のHPで調べましたが

『有効に発行された帰りのチケット』

引用:フィリピン入国管理局

とだけ書かれており、期限に関しては明示されていない。

 

なぜ上記のように規定があいまいなのか推測してみました

 

この項の内容はあくまで憶測に基づくものです。

「ふ~ん」程度の取り扱いでお願いします。

 

捨てチケットなどのフィリピンを出国するチケットを確認するのは飛行機のチェックイン時。

 

でも、入国の許可をするのはあくまでフィリピン入国管理局。

なぜ航空会社がチェックしているのでしょうか?

 

航空会社のスタッフに聞いたら「フィリピン政府からの通達により」だと言う。

あいまいさの原因はこの辺ではなかろうか?

 

例えば、航空会社のチェック無しにビザなしの日本人がフィリピンに渡航したとします。

仮にその渡航者がフィリピンのイミグレーションでフィリピンに入国できなかったとします。

 

その場合、渡航者は帰国ないしほかの国へ行かなくてはなりません。

その責任を負うのは航空会社。

 

この渡航者が「お金が無い」などの理由で再渡航困難になった場合、航空会社がその金銭を負担しなければなりません。

 

そうしないと空港内に入国拒否された人が滞留してしまいますからね。

そういった航空会社のリスクを回避するために、予めチェックイン時に確認しているのだと思われます。

そこへ来てフィリピン側の規定は泣けてくるくらいアバウト。

そもそも行政の規定がコロコロ変わったり、判断がまちまちなのがフィリピンあるある。

 

その結果、丸投げをくらった各航空会社はチケットの期限について「独自に」規定を設けているものと考えられます。

しかも途中で変更されている可能性も考えられますね。

 

航空会社は『ガイドラインがあいまいなフィリピン政府』と『お客様商売』の板挟み状態。

 

その裏付け。

ワタシは何度かチェックイン時にこの件で某LCCスタッフとモメています。

モメる理由はお分かりですよね?

先述の通り、航空会社に言われるコトが毎回違うからです。

 

スタッフはその都度、裏へ行って上司と相談。

ガイドラインが明確になっていない可能性が伺えます。

 

本来ならばこのルール、BIによれば「特別な事情」があれば緩和される特例措置があるのですが残念…。

 

『特例』の判断を下すのはフィリピンのイミグレーション。

フィリピンに行く前のチェックインで拒否されてしまっては特例措置適用の余地がありません。

結論。確実に渡航したいなら「捨てチケット」の日付はこうするべし

 

結局、チケットについて明確な期限が得られませんでした。

選択するベストな方法としては、

 

  • 捨てチケットの搭乗日はフィリピン入国から30日以内
  • それ以外の場合はフィリピン行きの便の航空会社に事前確認
    ※「行きの便」の航空会社に確認しましょう。
    念を押すならスタッフの名前も確認。(後で違うコト言われた時の為)

 

こうしておけば間違いないでしょう。

 

※ワタシの当時のフィーリングではおおむね「60日以内」なら大丈夫かな?

とは思いますが、それも過去のハナシ。

フィリピン『捨てチケット』まとめ

 

調べてみると意外と詳細な情報が少ない『捨てチケット』。

ポイントをまとめると

 

  • ビザの無い人(ツーリスト)は帰国用の航空券を事前に持ってないとフィリピンに入国できない
  • フィリピン行きの便の搭乗前、チェックイン時に確認される
  • フィリピン⇒日本行きのチケットじゃなくてもOK。航空会社もバラバラで大丈夫。
  • 捨てチケットの搭乗日が先過ぎるのはNG。原則フィリピン入国から30日以内。

 

あわせて読みたい『捨てチケットの具体的な取得方法』はコチラ


 

データ通信料1/10!?フィリピン人より詳しい

『フィリピンモバイル通信虎の巻E-book』

フィリピンで格安でインターネットするには?

著者がフィリピンで極めた現地モバイルデータ通信の知識を凝縮!

これ1冊でSIM、ロード、プロモ…プリペイドSIMのすべてがわかる!

もう高額の海外ローミングは不要!

ご登録頂いた方にもう一つの便利情報をプレゼント!
詳しくは登録後にご案内します。

この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔(Daisuke Murata)
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら
関連コンテンツ



Copyright© フィリピン起業日記2 , 2020 All Rights Reserved.