民泊サービス 好評です。

~フィリピンで生活しながらビジネス~

夢のメイド付きフィリピン生活。イメージと実際。メイド失敗談4つ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔(Daisuke Murata)
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

こーいうメイドは残念ながらフィリピンにはいません…( ;∀;)

 

フィリピンなどの東南アジアでの移住生活。

メイドや運転手を召し抱えて王様気分…なんてイメージをされる日本の方がいらっしゃいます。

 

…しかしその現実は?

移住当初からメイドを募っていましたが、かわるがわる延べ7人の住み込みメイドさんを雇いました。

 

早いのは5日でクビ。

自分からすぐ辞めちゃうのもいるし、なかなか長続きする人材が見つかりません。

 

そんな訳で私が体験してきたメイドさん失敗談&反省をお送りします。




失敗談その① 身内を雇う

うちの奥様の姉家族は田舎に住んでいて貧乏なので、経済的なコトでよくうちの奥様を頼ってきます。

そんなこともあり、義理姉に田舎から出てきてもらって住み込みで働いてもらうことにしました。

 

結果は失敗でした。身内を使うのはおまりオススメできません。

もちろん人によると思いますが、一般的には身内だと「なあなあ」過ぎてしまうようです。

 

要するに言うことを聞かなくなります。最初は良くても段々と「なあなあ」が出てきます。

作業を指示しても「あーしたほうが良い」とか「面倒くさい」みたいな。

 

義理姉1人を招聘したのに9歳の息子を連れてやって来たのには驚愕しました。

「まだ小さいから」みたいなこと言って、学校とかどうすんだよ?

 

もちろん指示に逆らって失敗しても自分で責任を取る能力なんてありません。

言い訳します。笑ってごまかそうとします。ケツ持ちは雇い主であるこちら。

 

お断りするときがまた更に面倒です。ヘソ曲げてほかの親戚に悪口言いふらしたり…

田舎に帰ってくれと言っても家に居座ったりします。

 

赤の他人の方が後々スッパリ縁が切れるのでいいかもしれません…。

 

ある程度『わきまえている』メイドさんだとやりやすい

富裕層がメイドを雇うときは「上下関係をはっきりさせる」と言います。

主人と同じものを食べさせないとか。メイドは残り物などのお粗末な食事。

 

かたやうちではメイドさんと一緒に食事してます。

私はおかまの中のあったかいごはんから食べます。

 

メイドさんは冷蔵庫から出した古いごはんから食べます。

彼女曰く、うちは電子レンジ使えるから良い環境だと。

 

特にこちらから指示したわけではありませんが、良識あるメイドとはこういうものらしい。

足りないときはおかまのごはんもあげてますけどね。

 

階級社会で生きてるフィリピン人にはそういう社会のルール(?)が染みついているのが普通のようです。

こういった暗黙の了解があるとこちらとしてはやりやすい。

 

逆にこういった事を教えていかないといけないとなると大変です。

素直に言う事を聞いてくれるメイドさんならいいけど…摩擦になる可能性大。

 

とりわけ「年のいった」メイドさんは難しい。

年配でこちらの言う事を素直に聞いてくれる人は少ないです。

 

育てるなら【若いメイドさん】、

完成度を求めるなら【年季のあるメイドさん】

といった傾向かと…。

 

失敗談その② メイドにWi-Fiを使わせると…

何も知らない頃、私はメイドに自宅のWi-Fiを使わせてしまったことがあります。

あとから聞いたら「ご法度」なんだそうです。

 

私にしてみれば「使わせたってタダだからいいじゃん?」位の感覚でした。

しかし後から思うと、これも前項の「なあなあ」に繋がります。

 

Wi-Fiをゲットしたメイドは大はしゃぎで1日中無料通話アプリで話しまくってます。仕事中も。

メイドさんは大体が貧しい家からくるので、「ネット使い放題」なんて経験がないんでしょうね?

 

よそから聞いたら「携帯禁止」にしてる家もあるんだとか…

私が奥様に叱られてWi-Fiのパスワードを変更。甘い汁を突然取り上げられたメイドはヘソを曲げてしまいました。

 

失敗談その③ 注意が必要なのは金品だけではない!食品やら日用品なども要チェック

 

うちは自宅でもサリサリストアやっているので家の中に食品類や日用品が大量に置いてあります。

こういう家は「手癖の悪い」メイドさんからすれば天国のような環境。

 

ご近所からの情報でも「手癖の悪い」メイドさんはかなりいるみたいですね。

 

お金はある程度管理できても、さすがにアメ玉の一個に至るまでの管理はしていません。

つまり盗み食いし放題。

 

5日でクビにしたメイド(Wi-Fiでヘソ曲げたヤツ)のベッド下には盗み食いしたお菓子の袋やらジュースの空きボトルやらが散乱してました。

最後まで始末に負えないメイドさんでした。

 

こんなこともあり我が家でメイドを雇ったら最初のしばらくの間「手癖チェック」をします。

少額のお金を見えるところに置いといたり、盗み食いしてないか家の中やごみ袋をチェック。

 

良く聞くメイドの盗みの手口とその対策

 

住み込みのメイドさんの場合「遠方から雇う」というのが定石のようです。

田舎の方が貧困層が多いというのも理由の一つだと思いますが、これは近所にメイドの知り合いや親戚がいると「横流し」が懸念されるためです。

 

知り合いや親戚が中継役となって家の中のモノを持ち出しやすくなります。

無くなっても主人が気が付きにくい食品や日用品がターゲットに。

 

近所では「家に置かない」という対策をしている所がありました。

必要なものをその都度バラで買う。詳細は下記の記事に書きました。

 

 

金品を盗む場合はほぼ確実にバレるので逃走します。同じ家に長年勤めたからと言っても油断大敵。

「~年勤めたメイドに留守を任せたら家中の金品を盗んで逃走」なんて話はザラです。

 

  • 持ち運びできないサイズの金庫を用意するか
  • 金目のモノがある部屋はきっちり施錠し、掃除の時以外は立ち入りさせない(掃除のときは監視)

 

などの対策は必要。

でも逃走する気になったらちょろい施錠は壊されちゃいますよ?

 

失敗談その④ 給料の前借り要求は慎重な対応が必要

あるメイドはウチで働きだした初月から給料の前借りを要求。

契約後の要求なので拒否しても良いのですが、関係を悪くしたくないので前貸ししてあげました。

 

そしたら最初の給料日が来る前に再び前借りを要求。

この前貸した金を返す前にか?さすがにこれは断りました。

 

その後だんだんと勤務態度が悪くなり、しまいには

メイド 「旦那が返ってこいと言うので辞めたい」

 

ときたもんだ。

払った分も働かずに「辞める」と言い出したので、

 

私「辞めてもいいから前借した金返しなさい。働いた日数分は払う。」

 

きっちりお金を返してもらいました。

もともとお金にだらしない人だったみたいです。

 

返す金があっただけマトモかもしれません。

でも着任初月にそんなコト言ってくる人は先が知れてますよね。

 

 

前借はダメではないと思う。お互いの信頼関係はいかほど?

 

もともと多くのフィリピン人には蓄えがなく、それでいて『家族や親せきが病気で…オカネホシイ』なんてのはしょっちゅう。

前貸ししてあげるコト自体はメイドとその家族を助けて信頼を築く上で必要と思います。

 

しかし相手(メイド)が信頼できる相手かどうか?ということも確かめながらしてあげないといけません。

 

借りる時は猫なで声で、借りたあとには恩などスッパリと忘れてしまうというのはフィリピン人の特徴の1つです。

過度の前貸しや借金は禁物。

 

それからお金の必要な理由を適当なウソで固めてくるのは向こうの常とう手段。

他の記事にも書きましたが、相手に悪気は感じられません。

 

日本と違いフィリピンでは【嘘=罪悪】という意識はありません

嘘ついたことを責めるのではなく、ウソを看破したうえでやんわりと断りましょう。

 

まとめ


ついつい願望のメイド画像を起用してしまう…

 

振り返るとめちゃめちゃ失敗してますね(笑)

まだまだフィリピンでは未熟者の私。これからも失敗を続けることでしょう…

 

そんなこんなで在住1年半のうちメイドがいる生活は3か月に満たない状態です。

メイドがいない間、炊事以外の家事はほとんど私。たまに娘や通いのメイドさんにお願いしたりして補ってました。

 

このブログを書く時間確保のためにも、今の住み込みのメイドさん(勤め始めて20日経過)に長続きしてもらいたいものです…

 

この記事だけ見ると「雇わなきゃいい」と思うかもしれません。

しかしそれでもうちではビジネスを続けるために必須と考えています。

 

それだけ雇う恩恵は大きいです。「大きな失敗」をしなければ良しと考えるべきです。ビジネスにリスクは付き物。

結論としては心ある日本人がメイドを雇う以上、「完璧」はないでしょう。(笑)

 

参考にする人は頑張ってくみてださい。

 

 


 

データ通信料1/10!?フィリピン人より詳しい

『フィリピンモバイル通信虎の巻E-book』

フィリピンで格安でインターネットするには?

著者がフィリピンで極めた現地モバイルデータ通信の知識を凝縮!

これ1冊でSIM、ロード、プロモ…プリペイドSIMのすべてがわかる!

もう高額の海外ローミングは不要!

ご登録頂いた方にもう一つの便利情報をプレゼント!
詳しくは登録後にご案内します。

この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔(Daisuke Murata)
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら
関連コンテンツ



Comment

  1. アバター 飯島 寛 より:

     アドバイスありがとうございます。
     メイドさんの紹介所があるんですね。
     
     参考になりました。 

     毎回記事楽しみに読ませてもらってます。

     又よろしくお願いします。

  2. アバター 飯島 寛 より:

    村田様
    以前コメントさせて頂いた飯島です。
    私も将来メイドさんをと思っているのですが、まじめで働き者の方を探し当てるまでは大変そうですね。

    • muratadasi muratadasi より:

      いつも閲覧ありがとうございます。
      コツと当たりハズレなので根気よく探せば大丈夫だと思います。

      紹介所を使えば、少し高くなるようですが
      質が上がるし契約がしっかりしてるので使いやすいと思います。

Copyright© フィリピン起業日記2 , 2019 All Rights Reserved.