~フィリピンで生活しながらビジネス~

フィリピンで手軽に日本食を安く食べる方法!在住者の食事術!

 




この記事を書いている人 - WRITER -
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください
詳しいプロフィールはこちら

 

日本を離れて約1年半…

日本食が恋しい今日この頃。

 

いや、日本食が恋しいのはフィリピンに来た当初からです(笑)

私は日本生まれの日本育ちですので当然です。

いつもの食事。スープとご飯。ちょっと寂しかったので、お土産にもらった岩のりを追加。

外食の時はまだ良いとして、フィリピンの普段の食生活って、わびしいんですよね…

 

フィリピンでも日本の食事を楽しむことはできます。

しかしながらやはりフィリピンの食事と比べると『高級品』です。

 

だから日頃はフィリピンの食事をしています。

私の住む町では日本食のレストランは少ないし日本食材の店は遠い。

 

モールなどへ行けば何かしら日本食のレストランがありますが、そんなにちょくちょく行くわけにもいかない。

まだたいした稼ぎもないし、店番もしなきゃ。

 

日本食のレストランへ行くことは遠くへお出かけした時の楽しみの一つでもあります。

 

そんな状況で私が『開拓』してきた日本食の調達やフィリピンの食事に加える1品、フィリピンの食材で作る日本食っぽいものをご紹介します。

 

日本食材を日本から調達

 

フィリピンで輸入品の日本食材買うと高いです。

モノにもよりますがざっくり日本価格の2~3倍といったところでしょうか?

 

輸入だから当然なんですけど、なかなか手が出しにくんですよね~。

私ケチだから。特に業務スーパーとかそういうとこばっかりで買ってましたし(。-`ω-)

 

レトルトやインスタント、乾物などの冷蔵、冷凍なしで長期保存できるものは

『日本から自分で大量に仕入れてしまう』という方法もあります。

 

方法その①バリックバヤンボックス

 

写真の段ボールのサイズは63×48×32cm。(※注)チワワは送れません。

大きさが何となくわかるようにテニスラケットとチワワを入れてみました。

 

個別に送ると送料が大変ですが、まとめて送るとかなり割安。

上記のボックスでマニラやブラカンまで送料¥6000です。(九州、北海道を除く)

 

例えば日本から6000円分食料を送ったとします。

食料品6000円+送料6000円=12000円

 

フィリピンで買うと、日本価格の約2~3倍ですから、

6000円×2~3=12000円~18000円

 

つまり、日本価格6000円以上を送ればオトクということになります。

 

これだけのサイズでもかなり大量の食料品が運べます。

20万円分までなら非課税。関税もかかりません。

 

ただし荷物をまとめて送らないといけないので、日本にいる親戚や友達などに発送をお願いしないといけません。

私はAmazonで大量に購入し、配送先を実家に指定。

 

実家でバリックバヤンBOX業者引き渡してもらってます。

食品以外でも、フィリピンで入手しにくいモノはこんな風にしてまとめて取り寄せします。

 

注意が必要なのは船便なので荷物が到着するまで3週間~5週間ほどかかるようです。

(時期や地域により異なります)

 

賞味期限に気を付けて送る必要があります。

特にフィリピンの気候だと食べ物が早くダメになりますからね。

 

バリックバヤンボックスに関する詳しい記事はこちら

 

方法その②一時帰国したら大量買い

 

日本に帰った時は必ずやります。大量買い。

これも荷物の代金がかかりますから、先程のように試算してみるといいと思います。

 

LCCじゃない人は荷物の許容量が多いから気にしなくていいかも…

一時帰国時の買い物の記事はこちら

 

 

方法その③友達に頼む

ご主人が日本人のフィリピン人奥様の中には、日本とフィリピンの間を頻繁に行ったり来たりしてる人がたくさんいます。

そんなフィリピーナの多くは日本から大量に土産を買ってきます。

 

その中に便乗させてもらうわけです。

おねだりしたらお土産に買ってきてくれるかも…(;’∀’)

 

私の場合、仕事でたびたびフィリピンにやってくる友達がいて、

日本で修理したスマホを運んでもらった事があります。

 

あんまり使うと迷惑だから、奥の手として。

 

カルティマールとクラーク

 

カルティマール市場

 

マニラにあるカルティマール市場は有名。

日本以外にもいろいろな国の食材が調達できます。

引用元 Googleマップ

マニラ初心者の私は最近初めて足を踏み入れました。

マニラは渋滞がひどいので、私の自宅からカルティマール市場まで3時間くらいでしょうか?

 

狙い目は道路がすいている日曜日の午前中ですね。

2時間掛からないくらい。

 

 

クラークで韓国食材

引用元 Googleマップ

 

クラークはパンパンガ州にある外国人が多く住む町。

特に多いのが韓国人。ここには一大コリアンタウンがあります。

 

と、いうことは日本人になじみのある『韓国食材』がGETできます。

 

日本の食材を買うより安く購入できます。

需要が多いからでしょうね。

 

中でも、トーフやソバなどがお気に入りです。かなり日本のモノに近い。

日本産のモノを購入するよりちょっとリーズナブルな価格。

 

オススメのお店はG-mart。正面がPure Goldです。

でかいスーパーの真向かいなので見つけやすいと思います。

 

私の自宅からだと車で1時間半くらい。

マニラと違い渋滞が少ないので若干行きやすいです。

 

話はそれますが、そのPure Goldはものすごく馬鹿でかい免税スーパー。
立ち寄ってみても楽しいかもしれません。

 

一例として、先日クラークとカルティマールで買ってきたものと価格。

 

ソバ。日本のそばと違うと言えば違いますがかなり近い。そして安い。

つゆは日本のつゆを使ってます。

 

右がカルティマールで70ペソ。

左がクラークで90ペソ。

 

韓国のり。カルティマールで購入。

小さいパックが10個入りで100ペソちょっと。

 

冷凍さんま。クラークにて。5匹で値段…すいません。忘れました。

脂の乗りはイマイチでしたが、フィリピンでサンマが楽しめたのはうれしかったです。

 

日本ののり。カルティマールにて。

10枚で150ペソ。

 

ゴマ。カルティマールにて。80ペソ。

 

味噌。カルティマールにて。1kgで115ペソ。

マルコメやハナマルキ、赤みそもありました。こちらはひかり味噌。

 

そばつゆ。3倍濃縮300mlで65ペソ。これはお買い得でした。

カルティマールにて。

 

納豆。3連パックで90ペソ。カルティマールにて。

冷凍すれば長期保存可能です。

 

まとめ①

 

近所のスーパーで手に入る日本食材はごくわずか。

フィリピンで日本食材を手に入れるのは大変です。

 

今回は食材の調達だけでかなりのボリュームになってしまいました。

次回、いよいよ食事術の詳細をお送りします。



Copyright© フィリピン起業日記2 , 2018 All Rights Reserved.