民泊サービス 好評です。

~フィリピンで生活しながらビジネス~

フィリピンでフルーツ三昧その② フィリピンの果物

 
この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔(Daisuke Murata)
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

 

ある日の朝食☕😃🌄

マンゴー、パイナッポー、アーモンド(アメリカからのお土産📦)コーヒー、ヤクルト。

 

朝はフルーツ中心にしてます。私だけ。

昼と夜の食事は質素。おかず一品か二品。

 

で、野菜が少ないので朝に補います。(補えてる?)

前にもご紹介したかもしれませんが、マンゴーはスライスしてスプーンで食べるのがこちらのスタンダードです。

 

ちなみにタガログ語ではマンゴーではなくマンガですって。

マンゴーでも通じますけどね。

 

ちょっとオシャレなココナッツ

 

ある日のこと。レストラン🍴でココナッツジュース🍹注文。

南国っぽいですよね。

 

ココナッツウォーター(中身のジュース部分)低カロリーでミネラルや電解質を多く含み、

「天然のスポーツドリンク」とも呼ばれているそうです。

 

飲んだあと、実を割ってもらって中身を削ぎ取って食べます。

上にさしてあるストローで中のジュースを飲んだら、

店員に声をかけて割ってもらいます

白いプルプルゼリー状の部分を

スプーンで食べます.

このゼリー状の部分はほんのり甘く、弾力があり食感もよくて美味しかったです。

 

またある時の朝食

 

ランブータン、バナナ🍌、アーモンド、パイナッポーオレンジ🍍🍊ジュース🍹 。

 

日本にもあると思いますが、ランブータンのご紹介。

シーズンになるとあちこちで買えます。500グラムで40ペソ(約100円)位。

殻を手で剥くと、白色のぷるぷるとした甘い果肉が入ってます。

中にでかい種がはいってます。実は甘くて、ほのかに酸味もあってとてもおいしい。

 

ライチっぽい。ただ、種の薄皮が果肉にくっついて剥がしづらく、果肉だけを簡単に食べられないのが難点。

いつもその渋皮ごと食べてます。

 

ランブータンにはビタミンC・鉄分・カルシウムが豊富に含まれているそうです。

 

スイカ🍉のシーズン

 

スイカ🍉のシーズンに入ると、こちらもまたあちこちで売られるようになります。

 

スイカに含まれるカリウムには疲労回復ならびに利尿作用があるため、

暑さで体力を消耗し水分を過剰摂取することで起こりがちな夏バテに効果があるそうです。

日本のような縞模様の入ったものはたまに見る程度。

大半は写真のような外観は緑一色。

 

中玉で100~150ペソ(250~350円)。

安い❗けど一人だと食べきるのが大変です。

うちの家族はあまりフルーツ食べないので(*_*)

 

日曜日の買い物でフルーツをまとめ買いしたら、
大玉のスイカ🍉を頂いて更に増えてしまいました。


食べきれるだろうか?
フィリピンのフルーツは足が早い…

食卓がスイカだらけに。(笑)

コリアンショップで縞模様のスイカ🍉発見。

とてもずっしり重かったので思わず購入。

少し高かったけどすごく甘い❗

日本でもこんなに甘いスイカ🍉は滅多にお目にかかれません❗

 

まとめ

旬の果物は時期になると市場や周辺に一斉に出回るので、見逃すことはありません。(と思う。)

 

まだ移住して1年経過していないので、まだ見ぬフルーツもあるだろうから楽しみです。

また時期を見てご紹介します!


 

データ通信料1/10!?フィリピン人より詳しい

『フィリピンモバイル通信虎の巻E-book』

フィリピンで格安でインターネットするには?

著者がフィリピンで極めた現地モバイルデータ通信の知識を凝縮!

これ1冊でSIM、ロード、プロモ…プリペイドSIMのすべてがわかる!

もう高額の海外ローミングは不要!

ご登録頂いた方にもう一つの便利情報をプレゼント!
詳しくは登録後にご案内します。

この記事を書いている人 - WRITER -
村田 大輔(Daisuke Murata)
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら
関連コンテンツ



Copyright© フィリピン起業日記2 , 2018 All Rights Reserved.