~フィリピンで生活しながらビジネス~

実録!フィリピン滞在延長(60日間)の手続きに行ってきました。

2018/03/10
 




この記事を書いている人 - WRITER -
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください
詳しいプロフィールはこちら

昨年のある日の事。

約50km離れた都市、アンヘレスの入国管理局に一人で行ってきました。

↑入国管理局事務所アンヘレス出張所……って書いてあるんだと思います。きっと。

現在私は2か月に一度、滞在延長手続きしないといけません。
マニラに行けば1年の延長ができるらしいのですが、
とにかく奥様がマニラには行きたがらない…
自宅からアンヘレス行くのとマニラ行くのでは距離は変わらないんだけど
所要時間が全然違う…

アンヘレス  大体1時間
マニラ   パサイまでだとその倍以上…

また、マリッジビザ取得のために入管に通い倒す必要もあったし、
アンヘレス方向には冷凍肉の買出しの用事や親戚宅、

担当税理士がいたりして

『ついでがあるからアンヘレス』

が定着してしまいました。

すでに昨年も入れると3度の滞在延長手続きをしているので、
『もういい加減に奥様同伴から卒業したい。』
的な自分の意向から一人で行ってみることに…しゃべれないんですけどね(*_*)

保険として、ダメなら後日奥様とリトライできるようにスケジュールだけは調整して…と。

出発。すでに道のりは慣れたもの。トライシケル製作や親戚宅訪問など、
他の用事でも何度もいった街。自宅のあるマロロスの次に知ってる都市です。

いつも通り1時間で入国管理局事務所のあるマーキモールに到着。

マーキモールはアンヘレスで高速降りてすぐ(出口右)のショッピングモールです。

モール内もすでに網羅。奥様と散々買い物で歩き回ったので。

なにしろいつも申請~許可が下りるまで1時間待たされるんですね。
フィリピンのお役所仕事のお約束です。(+o+)
待ち時間はモール内で食事かお買い物。

 

申請書はすでに自宅で作成済み。
事前に作らなくても、簡単な英語の知識があれば作成には困りません。
何しろ外人ばっかりが来るところですから。

窓口は並ばずにすぐ受け付け。今日は早い(*’▽’)あとは支払窓口で1930ペソ払って…

ええ!?なんですと!?…
!?!?!?!?!?3時間待ち!?!?!?!?

(゚Д゚)ノ前は1時間だったじゃん!!

…変わったんだそうです。

10時開店とともに窓口行ったのに、

…手続き完了は13時ですな( ̄д ̄)

普通そこは早くなるとこじゃないの?進化ではなく退化…
またもやフィリピンのお役所仕事です。( ̄д ̄)ちっ…

そんなわけあるかい! …ってなわけで1時間後に窓口に突入。

で、撃沈…『3時間かかるって言ったでしょ』だってさ。( ̄д ̄)
しぶしぶ、ダラダラ買い物してダラダラ食事して、
んで無事取得。

こんな感じでパスポートに貼り付けてくれます。

ま、言われた時間通り(3時間)だから良しとしないとね。
なんたってここはフィリピンだし。

まーとにかく、フィリピンには日本の役所にはない苦労がいっぱいです。

是非機会を作ってご堪能あれ!(普通の旅行じゃ体験できないか)



Copyright© フィリピン起業日記2 , 2018 All Rights Reserved.