~フィリピンで生活しながらビジネス~

フィリピンで最も手軽な?G-cashデビッドカードでペソ決済!【クレジットカード不要】

2019/01/14
 




この記事を書いている人 - WRITER -
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください
詳しいプロフィールはこちら

フィリピンで最も手軽な?Gcashデビッドカードでペソ決済!【クレジットカード不要】

ついに入手。『G-cashデビットカード』。

G-cashにチャージしたお金をデビッドカードで決済できます!

 

こいつがあればG-cashを使える店がかなり増えます。

さらにペソで通販や航空券、グラブタクシーがオンライン決済できます!

 

日本のクレジットカードは持ってるけど、フィリピンで使うと為替手数料とか分かりにくいお金が余計にかかる。

 

だからフィリピンでの生活にはペソ決済のカードがないと気軽に使えないのです。



フィリピンの銀行口座とクレジットカード

 

一般的に海外で銀行口座を持ったりクレジットカードを所有するというのはハードルが高いようです。

 

アメリカでクレジットカードといえばライフステータスのひとつであるとも言われています。

 

フィリピンでも同様で、銀行口座を持つにも一定の要件(ビザの種類や滞在可能期間など)を満たさないといけないため、私は現在フィリピンの銀行残座もクレジットカードも持つことができません。(奥様は持ってます。)

 

そのため、航空券のオンライン決済やネットショッピングなど、ペソの買い物に日本から持ってきたクレジットカードを使うのが普通でした。

 

しかしこれは前述の通り毎回為替手数料がかかってもったいない( 一一)。

 

フィリピンはレートの良い両替屋がたくさんあるので、日本円を両替屋に持ち込んでペソに替えるのがいちばんロスがない。

関連記事

こんなに違う!フィリピンの賢い好レート両替!おすすめポイント『1つ』

 

そこでG-cashのアカウントがあれば誰でも入手可能な

『G-cashデビットカード』。

 

手続き?審査?ございません。

そんな『G-cashデビットカード』の入手についてレポートしました。

 

 

入手困難?『G-cashデビットカード』

入手困難かどうか。そんなことはありません。たぶん。

私の住む辺りでは全く手に入らなかっただけです。

 

『G-cashデビットカード』の取り扱い店舗はglobeの(大手通信会社のglobeです)ショップなのですが、地元マロロスではどこのショップに行ってもありません。

 

大都市じゃないとダメなのかな?

ということで隣の州、パンパンガのアンヘレスへ行っても無い。

 

取り扱いをしている店舗が無いんです。

 

結局最後はマニラで入手。

マカティのグリーンベルトモール内のショップで見つけました。

 

マニラ、セブ、ダバオあたりなら比較的容易に入手できるようです。

大きいモールの中の店舗に行きましょう。

他の都市はわかりません。(;^ω^)

 

取扱い店舗はG-cashのホームページで調べられるらしいので、英語分かる方とか翻訳できる方は

https://www.gcash.com/からどうぞ。



取扱い店舗に行けばあとは簡単

 

お店の人に『G-cashデビッドカードください』というだけ。

登録手続きはスタッフに教えてもらいながらすぐ完了。

G-cashの電話番号から*143#をダイヤル。

USSDコードなるものを使ってカード番号などを入力していきます。

お店で聞きながらやるのが間違いないと思います。

 

1枚発行で150ペソ。G-cashでの支払いもOK。

記入も全くナシで1分で完了でした。

 

USSDコードについて

日本ではあまり聞き慣れないと思いますが、東南アジアやヨーロッパなどでは広く使われているようです。

 

フィリピンではスマホが普及していますが、スマホは高価なためフィーチャーフォンも多く普及しています。

 

フィーチャ―フォンはスマホじゃないのでインターネットは出来ません。

そこでロード(いわゆる通信料)購入や各種支払い、登録などをフィーチャーフォンで対応するためにこのUSSDコードを使います。

 

コードは全て数字入力。慣れないと使い勝手が悪いですが、

  • ダイヤル通話回線を使用しているため電波が安定しており、ネットがダメなエリアでも通話可能なエリアなら利用可能
  • 基本的に通信料がかからないのでロードが0でも使える

などの利点があります。

 

フィリピンではこのUSSDコード入力とSMS(ショートメッセージサービス)でさまざまなサービスに幅広く対応しています。

 

まとめ G-cashデビットカードのメリットとデメリット

まだ入手したばかりなのですが思いつく限り

メリット

  • G-cash非対応店舗でもデビットカードに対応してれば決済可能
  • ネット決済、ショッピング決済時にクレジットカードとほぼ同様に使える
  • ペソでチャージしてペソで決済。為替レートなどの余計なコストがかからない
  • G-cashアプリを開かずに決済できる(電波が悪い、ない時でも使える)
  • 誰でも入手可能。入手の資格や審査はありません。私含め外国人にピッタリ。

デメリット

  • 決済する前にチャージしとかないとダメ(当たり前ですが)
  • カードに150ペソ掛かる
  • クレジットカードやデビットカードが使える店舗がフィリピンは少ない(G-cash取扱店舗よりは多いと思います。)

 

またさらに『G-cash』の使い道が広がりました!

このままいくと銀行口座無しでもよいかも?(そんなことない)

 

また新たな発見があれば記事にしていきたいと思います。

G-cashの関連記事はこちら

 

超軽量・軽量スーツケース・旅行用品のトラベラーストア


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© フィリピン起業日記2 , 2018 All Rights Reserved.