~フィリピンで生活しながらビジネス~

日本から持ってく?現地で買う?フィリピンの電源、電圧、コンセント形状について

 




この記事を書いている人 - WRITER -
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください
詳しいプロフィールはこちら

日本から持ってく?現地で買う?フィリピンの電源、電圧、コンセント形状について

今回は少しありきたりなテーマとなりますが、

そろそろ私のブログ見て

フィリピンに行きたい

って、ウズウズしてきた人がもしかしたらいるんじゃないかと思って(笑)

実際に私が移住した時のことも交えてながら、

こんな生活じみたテーマでお送りします。

電源電圧、コンセントの形状について

電圧

 

日本    電圧100V (ボルト)

フィリピン 電圧220V(ボルト)

ここは気を付けて!!

日本の家電品多くはフィリピンのコンセントパネルにそのまま入ります。

しかし、220Vの電圧に対応していないと

『パチンッ』

と、小規模な爆発を起こします。これでOUTです。

これを過去に修理した経験はありますが、まず旅行先でできるかって言ったら、無理でしょう―ね…( ;∀;)

 

まず日本の電気製品が220Vに対応しているか確認しましょう!

コンセントプラグや本体など、

ほとんどの電気製品はどこかに対応できる電圧が書いてあります。

これは携帯の充電器。

AC100~240Vって書いてありますね。これはOK。

 

こんな風にコンセントの差込面に書いてあるものも!

250V~と書いてあります。これもOK。

 

私の経験では、200V、220V、240V、250Vとかそれ以上の数字が書いてあればOK!

持ち込んだ電気製品が使えます。

 

コンセントの形状

 

日本      A型

フィリピン   A、B3、C型と3種類

なんですが、これはあまり気にしなくて大丈夫です。

フィリピンのコンセントパネルはだいたい

こんなのか(A型とC型に対応)

こんなのです。日本のA型コンセントが入ります。

フィリピン現地で電気製品を購入する時だけ気にすれば大丈夫です。

それも現地では安いアダプターが売ってるので、それ買うだけです。

旅行や留学で長期滞在するときは電源タップがあると便利ですね。

スマホやデジカメ、その他もろもろ、小さい扇風機買ってベッド脇に置くとか。

日本から持ち込んでもいいし、フィリピンでもスーパーやショッピングモールで購入できます。

私がフィリピン現地で購入したタップ。

A、B3、C型フル対応、USBポート2個付き。

たしか600ペソ位(1500円弱)だったと思います。

 

私の移住の経験から~非対応品への対応~

 

日本からフィリピンへの引っ越しの時に、ありとあらゆる電気製品をフィリピンへ持ち込みました。

引っ越しの荷物の搬送については
こちら 海外への引っ越し荷物、バリックバヤンBOX到着!発送から1か月 をどうぞ。

220V対応してるものとしてないもの

引っ越し前に電圧の対応可否を確認したところ、おおまかにですが

220V対応してたもの

パソコン(デスクトップ、ノート共に)

※ただしデスクトップPCは注意が必要です!下記の失敗談もご覧ください。

PCサプライ系 (モニターも220V対応でした)

スマホなどUSB出力の充電器

など

220Vに対応してないもの

ほとんどの家電品

一部のマイナーメーカーのテレビがなぜか220V対応でした。

アクオスはダメでしたね。日本に置いてきました。

電動工具類

電動工具の充電器や卓上ボール盤、グラインダー、ドリル類、溶接機以外はほぼ全滅です。

なので変圧器買いました。

1500ワットまで対応。ショッピングモールで4000ペソ位(1万円弱)だったかな?

500Wだと2500ペソ位っだたと思います。

しかし、変圧器は日常生活で使うとなると少々不便です。

ごついし重いし、はっきり言ってめんどくさい。

うちの変圧器は基本的には電動工具(作業)用です。

 

旅行の基本的携行品、ヘアドライヤー

 

女性の方はよく読んでください。

フィリピンでは様々な電気製品が安く入手可能ですが、

ヘアドライヤーはありません。(ウソです。)

正確には需要がありません。入手困難です。

フィリピンの女性は朝、濡れた髪のまま出勤します。(本当です。)

ドライヤーなんか使いません。

『暑いから勝手に乾く』的な発想なんでしょうか…(;・∀・)

もし220V対応のドライヤーが無ければ日本で購入した方がいいです。

ドライヤーは消費電力が大きいので変圧器を買うとかえって高くつきます。

Amazonあたりで海外対応品を買う方が安くて性能もいいです。

 

おまけ 私の失敗談。デスクトップPCは要注意!!

 

一般にPCは220Vにも対応できます。…と聞いていました。

しかしそのまま差し込んではいけないんですね。

本体の裏、パワーサプライに切り替えスイッチが。(赤い部分)

読みにくいですが115(V)と書いてあります。

これを切り替えないといけなかったのです。写真は230(V)と書いてあります。

これを知らなかった私は荷物が届いて早々、PCをぶっ壊してしまいました。( ;∀;)

皆さんも気を付けて…こんなの知らないの私だけか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

他の旅行サイトやブログにはあまりなさそうな情報を中心に記事にしてみました。

逆に参考にもならなかったりして。(笑)

海外に何でもかんでも持って移住してくる人ってあんまりいないですよね?

でもフィリピンはバリクバヤンBOXという便利な制度があったもので…

バリクバヤンBOXについては下記の記事をご覧ください。
海外への引っ越し荷物、バリックバヤンBOX到着!発送から1か月



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© フィリピン起業日記2 , 2018 All Rights Reserved.