~フィリピンで生活しながらビジネス~

フィリピンでの自動車購入について参考になる?コトをグダグダと書いてみた②

 




この記事を書いている人 - WRITER -
元自動車セールスマン&メカ。 奥様はフィリピン人。 38歳でフィリピンでの起業を決意!41歳で移住。 現在フィリピンで自営業をゆる~く展開中。 フィリピンでの文化、生活についてもご紹介していきます。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください
詳しいプロフィールはこちら

 

全回の記事の続きです。

まだ読んでない方はこちらからどうぞ。

フィリピンでの自動車購入について参考になる?コトをグダグダと書いてみた①




Q.中古車を買った後の維持は?フィリピンはメンテが安い…というか、直さずに使う感覚。メンテには手間と時間を要す!

 

フィリピンは車のランニングコストが低い…のは確かですが、

それ以上に『フィリピン人は車にランニングコストをかけない』という風に見えます。

 

フィリピンに来て間もないころ、奥様の叔父の車を借りて使っていたことがあります。

フィリピンで自動車購入どうしようか悩んでたら思わぬところで車GET!

詳しくは上記の記事に書きましたが、とにかく

走れればそれ以外は修理しないのです。

それ以外に修理するのは強いて挙げれば『エアコン』くらいですかね?暑くて死んじゃうから…

 

実際に毎日走っているクルマを借りたのですが、チェックしてみて愕然…

『こんなんじゃ危なくて乗れん!!』

と、私は修理に奔走したのでした…

ぶっちぎれてるホイールシリンダーのカップ。ブレーキの油圧系の部品です。

日本じゃこんなのお目にかけたコトがありません。

 

フィリピンでも修理に必要な部品はある程度手に入ります。

最低限の部品で修理するノウハウも彼らは持っています。

 

修理屋に修理を依頼するのもアリです。一般の修理屋の工賃は安いです。

しかし修理屋は部品を持っていません。

 

依頼者(お客)が自分で部品屋で部品を購入し、再度修理屋に依頼するシステムなので、自分で購入しなければなりません。

コレめんどくさいですよね?

 

あとフィリピンの多くのメカニックの腕は知れてます…

日本のメカニックみたいに責任感とかプロ意識とかはありませんので、失敗した時は泣き寝入りです。

 

ちなみにディーラーでは古い車は扱ってくれません。

部品が無いからできません。私も経験しました…

 

また、修理の限界もあります。

現在フィリピンで走っている15年落ち以上の車の多くは海外から輸入した中古車。

輸入車の正規販売店なんてありませんから純正の部品は一切出回っていません。(ディーラーにもありません)

 

なのでこういったクルマは「補修部品以外」は入手が難しく、修理のきかない部分がでてきます。

ジャンクショップで部品を探すのも困難。

 

こういったクルマは『直さず乗る』という感覚も必要。
(もちろん直さなきゃいけない所もあります)

 

こういった「壊れたモノをそのまま使うセンス」は秀逸のフィリピン人。

無神経なだけかもしれませんが。(笑) 中古車を買うならこのセンスを磨きましょう。

 

中古車は故障が心配? 予防整備? ボロ車はメンテしたらキリがない…

故障して路上で立ち往生なんてのはある程度覚悟しておかないといけないと思います。

そして日本のようなロードサービスなんてありません。

 

フィリピンは『自己完結』が基本。

お任せするところなんて友達や親戚くらいしかありません。

 

『万が一』に備え、最低限の工具などを準備し、常時車載しておくのがいいでしょう。

揃えるだけじゃなく使いこなし方もマスターしないとダメですよ?

  • ブースターケーブル
  • 牽引ロープ
  • バッテリーとタイヤの脱着が出来る程度の工具

位は必要と考えます。や、スペアタイヤのエアチェックなども忘れずに。

 

中古車に限らず新車でもトラブルの確率はあります。

これは『品質管理』という観点からフィリピンは新車でも可能性が高い。

 

私が購入したバイクは購入1年後にクラッチケーブル切れました…

 

この時は近くのバイク屋にバイクを預けて

自分で部品屋を数件めぐってケーブル探し回って購入し、

再びバイク屋に戻り、部品を交換してもらいました。

 

いや~、大変だった…

 

かと言ってフィリピンに来てそんな心配ばかりしていても仕方ありません。

フィリピンは社会も頭の中もユル~クできています。

 

クルマのトラブルでスケジュールが遅れる・キャンセルなんてのも日常茶飯事。

トラブルは無いに越したことはありません。

しかしこういったリスクと付き合って生きていくのが必定と考えましょう。

 

私が約1年半のフィリピン生活で経験した車両トラブル

  • パンク(車1回、トライシケル1回)
  • バイクのクラッチケーブル切れ
  • 出先でのバッテリートラブル(端子の接触不良でした)

※上記トラブルの車両は全部新車で購入してます

中古車の購入で気を付けたいこと ~とにかくダマされないように~

 

『クルマのことは何でもお任せ』ができる日本人にとって、フィリピンで中古車を購入して使うにはある程度のノウハウと心得が必要だと思います。

私はまだフィリピンで中古車を購入したことがありませんが、フィリピンの先輩から教えてもらった『注意事項』を挙げておきます。

 

フィリピンの車OR/CR(日本でいう「車検証」にあたるもの)にはニセモノがあるそうです。

盗品などをつかまされないように中古車を買うときは事前にチェックしましょう。

 

LTOに行けば真贋のチェックができるそうです。

※LTOとは日本の陸運局と免許センターを一緒にしたような行政機関です。

 

取引においては日本以上にあらゆるリスクを考えて慎重に。

一度に全額支払うのではなく、名義変更が完了するまでは一部の支払いを留保しておきましょう。


フィリピンの自動車ディーラー ~日本と違う所~

お金に余裕があればやっぱりディーラーにお任せしておくのが無難です。

日本ほどサービスが行き届いているとは言えませんがけどね。

 

すべてのディーラーが「安心」とは言い切れませんが、看板がでかいのである程度「信用」のある取引ができます。

逆にディーラー以外を使う場合はそれなりのノウハウというかリスク管理を要します。

 

フィリピンのディーラーに出入りできるのは『新車または新しい車のオーナーだけ』と心得ましょう。

先述したように古い車は扱ってくれません。部品が調達できないから。

 

新車購入時については以下の記事を参考にしてください。

元新車販売のプロの私がフィリピンで新車購入時におさえたポイント その①

あとオイル交換などディーラーでのメンテや修理代は他の一般業者の相場とはかけ離れて『高い』です。

ま、一般の修理屋は『安かろう悪かろう』でもあるので自動車に手間と時間をかけたくない人はディーラーが無難かもしれません。

 

私はというとディーラーで新車を買いましたが、無償の点検や整備以外は自分でやっています。

何やっても高いし、自分で部品調達もできるので。

 

まとめ

 

この記事を書くにあたり、フィリピンで

  • 中古車商を営むFacebookのお友達
  • 自動車整備工場のオーナーをやっているH先輩
  • クルマを売却したO先輩

のお話を参考にさせていただきました。ありがとうございました。

 

フィリピンに来た当初、何もわからなかった私は新車を購入しました。

でも現在の自分の収入や立場を考えるとリスキーでも「中古車」が正解だったかもしれません。

いちおうは「元・車のプロ」なんで。

 

中古車は時間と手間が掛かるからホンネは「新車」が欲しいですけどね…

ビジネスが大当たりしない限りは次回は「中古」になりそうです。

 

『フィリピンで車を買う』人たちの参考になれば幸いです。

 

自動車購入に関する関連記事リンク集





Comment

  1. Tokoyoda より:

    私も2016年にフィリピンで車を購入しましたが中古車です。
    ただ、売り手は近くに住んでいた日本人の方で急遽帰国することになり車の処分が必要でした。当時は日常生活の足にモーターバイクを使っていましたが雨季の時期は大変でした。このため、新車購入を考えていましたが、偶然によい条件に恵まれました。購入した車は2014年トヨタアルテスの1.6V、走行距離はたったの3200km、売主は車を2台所有していました。新車価格の20%offで譲ってもらいすぐに名義変更手続きを行いました。
    その後、近くのトヨタディーラーで点検・整備を受けていますが、満足のできるサービスでそれほど高価ではないと思います。
    ただ、車をぶつけられた時の板金塗装はフィリピン人に紹介されて町工場で行なっています。

  2. Koki より:

    そうなんですね。

    私は以前18年住んでいた香港でもあまり日本人と交流せずに現地化していましたし、フィリピンでもこの国に早く馴染もうと○○日本人会的な集まりには参加せずに過ごしていますので、在住日本人の車事情に少々驚いています。

    そもそもフィリピン人である私の連れ合いと出会ったのが香港なのです。所謂OFWですね。
    彼女も私も香港の永住権を持っていますので、フィリピンの金融機関では信用があるのかもしれませんね。

    香港では外国人が7年以上合法ビザを以て居住すると永住身分を申請できます。ただしフィリピン人はメイドなどの労働ビザで7年以上居住しても永住身分は申請できません。
    その理由は出稼ぎフィリピン人メイドの数が多過ぎることと、彼女らの習性上大量に家族を連れてくることらしいです。

    香港で「永住身分」を取得した私が香港で彼女と婚姻関係になれば、彼女も香港で永住身分を申請でき、簡単に取得できます。

    香港では国籍に関係なく永住権を取得した者は選挙権や被選挙権も得られますし、公立病院の医療は無料など他の香港市民と全く差別のない地位を確保できます。

    これがフィリピンで銀行ローンの審査にとおりやすくなる理由なのかもしてませんね。

  3. Koki より:

    現金一括じゃなくローンで購入している時点で無理はしていますよ。
    自分の飲食店の経営やアパート経営に現金費やしているので、車はローン購入の極貧です。
    バブル期を経験した見栄を張りたい世代です、お察しくださいwww

    • muratadasi より:

      いろいろご苦労がおありのようですね。

      でも記事中にもある通り、ローンが組める位信用のある(=安定した収入がある)人はフィリピンではお金持ちの部類です。

      半分以上の人はローンさえ組めないんだから…。

      私の知る在住日本人でクルマ持ってる人半分くらいかな…
      そのなかで新車に乗ってる人は2~3割くらいでしょうか…

  4. Koki より:

    自分はフィリピンに住む日本人としては貧乏の部類に入ると認識していますが何とか新車を購入しました。
    あなたのおっしゃるとおり、かなりの見識がなければこの国の修理業者や中古車業者は信用できないので正規ディーラーから新車を購入したことは言うまでもありません。
    私は以前職人歴があると語っていますが、それ以前に時が平成になったころから6年ほど大阪の某ディーラーで営業をしていました、サービス部門の経験はありません。
    しかし香港在住時代も必要な交換部品(オイルエレメントやエアクリーナー、エアコンフィルターなど)は日本から通販で調達していました(香港ではアホほど高額だったため)。
    整備は素人ですが、この国にいても自分のできる範囲で自衛できることはしていきたいですね。
    勿論ですがブースターケーブル、バッテリー交換やタイヤ交換ができる最低限の工具とエアコンプレッサーは積載しています。
    だって今年50になるオッサンが苦労してモンテロスポーツを新車購入ですもの、死ぬまで乗り続けたいじゃないですか!www

    • muratadasi より:

      KOKIさんこんにちは。
      考え方というか、ものさしは色々あると思いますが
      新車のモンテロスポーツを購入しているあなたは金持ちですw

      私の場合クルマ関係は自分でこなせることが多いですが、お金があれば人にやらせたいです。

Copyright© フィリピン起業日記2 , 2019 All Rights Reserved.